ツバメきたっ♪
ダイヤいよいよ春めいてきましたねダイヤ

今日は車の中も暑くて、たまらず!初クーラー。

おまけに近所でツバメを見ました。

商店街の軒先をくまなくチェック中でした。





猫の恋やむとき閨(やね)の朧月 芭蕉


ダイヤ春はバードウォッチングが更に楽しい季節ダイヤ

普段逢えない鳥たちとの出会いがあります。

先日は、ユリカモメたちが集う干潟で。

見慣れないユニークな姿の“シギ”を見かけました。




上顔の周りの羽繕いはどうするのかと、気になってしまう。


私はまだシギ類は全く分からないので「なんだろうあれは?」で終わってしまいました。

この子の名前は『ホウロクシギ』。

春と秋の渡りの際、日本に立ち寄る旅鳥さん。

なかなか見かけることのない子だったそうです(一部西日本でも越冬記録があるらしい)。

もう二度と会えないかもしれないのに。

もっとよく観察しておけば良かった~としみじみ思いますあうっ




上大胆やねにひひ海中で目は空いているのか?

素焼きのほうろく鍋に色が似ているから“ホウロクシギ”という説があります。



ホウロクシギは近年数が減り、絶滅危惧種の指定も受けているそうで残念です。

生き物の減少は、人間の暮らしが大きく影響します。

沢山の生きものが集まる干潟をはじめ、山も海も池も森も水田も。

今日あったものが、明日なくなると。

今年あった場所が翌年なくなると。

そこで暮らす生き物たちや、休憩場所を失った生き物たちはどこへ行ったらいいのでしょう。。。



上カモメ、カモ、サギ等々、干潟には鳥だけでも色んな種類が寄り添って暮らしています。いつもまでも変わらない景色であって欲しい。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.253337秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3339438