幕開けから貴船。


上幕開けは、石見神楽細谷社中の皆さん。
代替わりしたばかりの貴船で、幕開けを飾っていただきます!



ダイヤこの夏で9年目を迎える月いちの舞。ダイヤ

ひとつひとつの開催にテーマを設けてお送りしてきましたが。

その中でも一番おどろおどろしい特集となりました。

男女の愛憎をはじめとして、恨み、嫉妬、復讐、愛欲と。

女の赤黒さを「情念」とし。

人の心を舞う物語が、神楽の魅力、芸術性を高めるものとして。

鬼女の心に自分の心を重ねて頂く会となりました。


~第一幕 貴船 石見神楽 細谷社中~

「草木も眠る丑三つ時。

午前二時頃、風の音も止まり、時も止まる、全く静かな真夜中。

裏切りの男に下される女の仕打ちは、貴船の社で繰り返されてきたといいます。」

文:石井誠治さん

細谷社中では、夜明かしなどの奉納では、貴船は午前2時頃と決まっているそうです。

又、貴船を舞う社中さんが少ないことから、依頼もあるそうですが、舞う場所、時間等を考慮して受けられています。

その終わりに大きな余韻を残す貴船。

誰もいなくなった舞台、開いたままの神楽幕にどんな物語を綴られたでしょうか。



上男への恨み、悲しみを切々と。(女・鬼女:岡本 健太さん)
この後、鬼女となった場面の、奏楽との合わせ舞が渋いっ。




上安倍清明、三吉、男の場面はドリフかと・・・にかっ



上秘術がしたためられたタウンページ。(安倍清明:後野裕次さん)



上この面付き藁人形。昔から続く伝統だそうです(三吉:木戸雅広さん)



上似てる似てる!(男:高村洋志さん)



上ひとり残され、震える男。



上・・・の背後から、鬼と化した元・女房。



上あらま~。



上しもとを以て打つや打つ。


つづくよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.259337秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3339561