研ぎ澄ませて舞う、観る。
ダイヤ本日の「~神楽作家 石丸賢太郎の世界 PartⅡ~」ダイヤ

寒い中のご来場、有難うございました。

3社それぞれの世界観に。

3演目通じて、風雅と猛々しさを感じました。


脚本によって目覚める神楽人の興味や、磨かれる才幹。

脚本との出会いは、運命ですね。


又、公演の最後に石丸さんに向けて団長さん方から送られたメッセージは『くせがすごい!』でした にかっ

その“くせ”が、今日の舞台へと皆さんを導いたのですねぇ。

今日の様子は、改めてご紹介します!




上くせがすごいのだ~れだっ。


ダイヤところでダイヤ

今日ロビーで初めて拝見した、いつくかの神楽グッズ。

いつの間にぎょこんなに種類が豊富になってたのか本当にびっくりしました。

いつも神楽を傍らに感じていたいという、神楽ファンの願いがグッズの形になるのでしょうね。


※商品ですが、掲載許可を頂いております。




上スマホケースも沢山ありますね。
こちらは、あさひが丘神楽団の牛御前。
写真やイラストになっているのは、もちろん牛御前を舞う小田徹也さん。もったいなくて使えないのでは・・・?




上かなり人気を呼んでいる神楽のガチャガチャ。
子供より大人に人気があるそうです。
コンプリートしたいよね音符




上一番人気は、缶バッジキーホルダーです。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.38619秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292982