一入。
ダイヤおなかが空いてグッタリ帰宅するとダイヤ

娘からパンのお土産がありました。

学校の食堂購買部で「あのクリームが挟んであるパン」と噂される、幻のパン。

砂糖をまぶした揚げパンに、たっぷりのクリーム、このクリームがとても美味しい!

卒業が間近になった娘は、一度、このパンを私に食べさせようと思ったそうです。




上トローリクリーム。素朴なパンです。あんこバージョンもあり。


しかし、毎日限定5個の一番人気のパンはとんでもない競争率。※生徒約800人(皆が購買に行くわけではありません)

食堂の購買は1階。

チャイムと共に3階の教室から飛び出して、階段を滑りコケないよう1階までジャンプダュシュで降り。

あとは直線(廊下ね)で、陸上部で鍛えた短距離走の実力を発揮しなければなりません。

ただし、足元がスリッパという点はかなりマイナス要素です。


食堂に1番乗りとなった娘は『よっしゃ!』とガッツポーズを決め、悠々と目的のパンを買うことが出来て満足だったようですが。

自分の分を買うのを忘れてしまったそうです。


娘よありがとう、気持ちが嬉しくて染みる。

あのクリームが挟んであるパン」は、甘くてボリューミーで本当に美味しかった。

高校生が好きというのもよく分かる。

でも・・・廊下は、走ったらいけませ~んっ!



ダイヤでは、終盤を迎えた「第69回 芸石神楽競演大会」ダイヤ

旧舞競演のとりをとられた、筏津神楽団の皆さんです。


~プログラム9番 筏津神楽団 天の岩戸~

復活されてから10年と少しが過ぎる天の岩戸。

この岩戸には、筏津独自の奏楽や舞が受け継がれています。

児屋根さんと太玉さんの二柱の舞の囃子は、筏津伝統のリズムを刻み。

鈿女さんの、扇の舞。

又、盛大な神四柱の喜び舞に続く、めでたい神二柱の舞など。

他の団体では見られない(残っていないのかもしれませんが)特徴ある舞は、いつからなのかもう定かでないそうですが。

『うちの岩戸は面白い!』と、話が尽きない団員皆さんの思い入れ。

先輩方に頂いた岩戸に惚れて舞う気持ちが、塵倫に続く筏津の代表演目を輝かせている!と感じます。


旧舞の部 優勝 ※2年連続優勝

旧舞個人賞 舞の部 今田拓也さん(鈿女命)

おめでとうございました。


天照大神:水口貴大さん、天児屋根命:水口一真さん、
太玉命:上田 守さん、鈿女命:今田拓也さん、
手力雄命:前河伸弥さん。

大太鼓:今田 修さん、小太鼓:吉岡秀樹さん、
手打鉦:今岡友康さん、笛:保本愛美さん。

































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2018年05月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.562427秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2531245