鬼の満さんありがとう。
ダイヤカープCS敗退、苦い朝だった。。。ダイヤ

それでも、2年連続リーグ優勝はやっぱり凄いし。

どんな年があっても、いつか日本いちになる姿を見るために、コツコツ応援するのみ。

あっという間に次のシーズンがきますよにこっ



ダイヤ広島神楽定期公演・上川戸神楽団の皆さん続きますダイヤ

幕間のお話は、副団長の森脇 満さんです。

上川戸を代表する、悪(鬼や賊)の舞い手さんでいらっしゃるので、皆さんから「鬼の満くん」と呼ばれています。

この度初めて「鬼の満君」とゆっくりお話しさせて頂く機会に恵まれ、ついつい慣れ慣れしくグイグイ接してしまって、ちょっと反省しておりますにひひ




上上演後「鬼のみつるさん」と。
色々ポーズを考えた結果、こうなりました音符



さてまずは、上川戸地区のこの秋の収穫について。

お米はとても良かったが、マツタケがどうやら不作のようだ、というお話。

これを終始、森脇さんがとても楽しそうに!にこやかにお話されるので。

森脇さんの雰囲気につられて、私も会場のお客さんもずっと笑って聞いておりました。

どんなお話にも、人柄は滲み出てしまうものかもしれません。


そして、川戸という地区に3つの神楽団がある(中川戸、曙)という紹介では。

決して戸数が多い地区ではないが、地域の方の力を得て、これまで神楽を継承してくることができた感謝を語られ。

その中でも、旧舞という伝統に誇りを持ち、又、責任を感じながらこれからも舞い続けていきたいと、お気持ちを綴られました。

上川戸神楽団の秋奉納は、今週末28日(土)、上川戸の集会所で行われます。

他地域からのお客様もウェルカムだということです星

※奉納は、千代田地区一斉に行われます。


~第二幕 八岐大蛇~

新しい蛇胴を加えての大蛇だったのですが、古い蛇胴には本当に沢山の細かい修理が施してあり、皆さんの道具への愛着をひしと感じます。


大蛇をウキウキ舞わせる奏楽と、これに応える胸弾む大蛇たち!

組み型も多く、滑らか。

又、ひとつひとつの個性もはっきりしていますが、スサさんが登場した後の全体の動きも、とても奇麗で『うわ~ぎょ』って感じでした。

伝統の旧舞の中でも、大蛇は比較的「攻め」の舞になるというお話でした。


大太鼓:石橋孝征さん、小太鼓:天玉美里さん、
手打鉦:森脇 満さん、笛:山田かんなさん。

素戔嗚尊:藤井和則さん、足名椎:天玉篤史さん、
手名椎:天玉 良さん、姫:片岡泰英さん、
大蛇:宗広千寿さん・藤井 徹さん・日高昌文さん・大上顕男さん。


























上悪そ~・・・
古い蛇頭だそうですが、遊びのある豊かな表情に一目惚れです!









| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.255288秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284730