リレー。
ダイヤではでは今夜もダイヤ

あっという間に後半に突入した、アステールの舞台から。


~第3幕 大塚神楽団 滝夜叉姫~

パンフレットの大塚神楽団の紹介に「近年は、若手育成を前面に」とあります。

人が育てば、神楽も、神楽団も育つというお話から。。。。

この日、夜叉丸を演じられた竹田淳一さん。

中川戸神楽団の松田大地さんと、同じ高校を出た同級生。

最愛の友であり、最強のライバル。

そして、もう一人、筏津神楽団の前河伸弥さんが加わって、三つ巴。

この三人が大ゲンカするたびに、それぞれの神楽団が進化してきたことを、ファンの皆さんもよくご存知でしょうにこっ

(文:石井誠治さん 一部抜粋)



上大塚神楽団の滝夜叉姫の特徴のひとつ、初めの将門の場面。
この場面を取り入れることで、観る人が五月姫の心情に共鳴し、物語に入りやすいのでは、という想いがあるそうです。



上演後のお話は。

幕裏で、走ったり横になったりしながら、ドライに全力を注がれていた小田頼信団長。

若い団員さんは可愛いでしょう?の問いかけに。

『そうですね。でも全っ然っ言うこと聞きゃーしませんけどねダッシュ

『でも僕らも昔そうだったんですよ。こういうものかと今になって分かるところもあります。』

やがて一人前になり、お客さんに支持と拍手を頂く姿は、団長冥利に尽きるようです。

神楽団と言う、特異な組織が生み出す人間模様に触れさせて頂きました。



上大宅中将光圀:泉田瑞男さん、山城光成、長田淳一さん。神という気品を舞うお二人です。
なんだか、息切れひとつしてない感じがします。優雅~。




上前解説で、急に竹田さん(夜叉丸・手前)のお名前を出したので、ご本人は驚かれたことでしょう。
しかし、何を舞っても存在感のある方ですね。。。
滝夜叉姫:井上隆太さん。蜘蛛丸:佐々木翼さん。


次回は最終演目です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.29691秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297582