目映いばかり。
ダイヤ今夜はカープが勝ちました~ダイヤ

ホクホクで帰ってきました。

連敗はちょっと・・・自分が行くのが悪いような気がしてくるので恐い。

今夜は、ヒーローインタビュー、バディスタの通訳・クレートさんにも大きく笑わせて頂きました星



上バディスタ、バカスコ祝福されておりました。



上嬉しそう。


ダイヤさて、今週末の神楽は~ダイヤ

いよいよ「神楽スペシャル・あなたが選んだ宝刀伝」開催です。

ついに、刀・剣に注目する時代がきたーっ

(今更何を言ってるのという感じですが)採物のない神楽ってありませんよね。。。

採物は森羅万象に神を宿す日本人の心、そのものなのでしょうね。

宝刀・剣たちの神秘な力をお楽しみに~にこっ

詳細・チラシ等下すなっちのイベント日誌から。

http://ameblo.jp/kagura-event/entry-12262762821.html


ダイヤ今夜からはダイヤ

今年2月の大舞台・早春神楽の様子をご紹介してまいります。

実は早春が終わり“写真を整理し~ましょ音符”と処理を始めた途端。

ツルツルっと指が滑って「全消去ボタン」をタッチ。

しばらくして様子がおかしいことに気付き、慌ててバッテリーを抜きました。

「全消去」の作業を取り消すボタンというものはないのよね。。。

ほとんどの写真が消えてしまいました。

そこで、さと☆さんに泣く泣く「助けて」と電話を入れましたら。

『復活できるかどうか、やってみてあげよう。』と、快く言って頂き。

後日、見事に復活したのであります!!

さと☆さん、仏様みたい。

ナムナム ( ̄人 ̄) ナンマイダー

しかし、便利なものって、指一本でとんでもないことになりますねダッシュ

お気を付けあそばせっ星


それでは、第19回という緊張感ある早春神楽をどうぞ。

※プログラムの一部には、全く写真が撮れていない演目もあります。
又、お話が伺えたり伺う時間が無かったりしましたので、バラバラとした印象でのご紹介となります。申し訳ありませんっ。




上大切な19回の幕開けに、太陽の神をお迎えします。


○ 第一部 原点を見つめる ○

~第一幕 筏津神楽団 天の岩戸~

復活からおよそ10年となるそうですが、今や塵倫に続く筏津神楽団の代表演目として知られます。

しばらく舞われていなかった岩戸を再演するにあたっては。

もともと1時間はかかる演目を、時間を整えどんな舞台でも舞えるものにする等、現メンバーの試行錯誤が反映されます。

復活に際して、今田修団長が一番嬉しかったことは。

筏津のいつもは厳しい先輩が「配役も舞も、自分の思い描く通りの岩戸になっている」と評価し、とても喜んでくださったことだそうです。

筏津の皆さんの神楽は、先人・先輩方が、いつもお天道様として導いてくださっているのですね。。。


天照大神:水口貴大さん、天児屋根命:水口一真さん、
太玉命:上田 守さん、鈿女命:今田拓也さん、
手力雄命:大上顕男さん。

大太鼓:今田 修さん、小太鼓:吉岡秀樹さん、
手打鉦:今岡友康さん、笛:保本愛美さん。








上児屋根さんと太玉さんの二柱舞の囃子は「打ち込んだ囃子」。
筏津独特の伝統的なリズムが聞かれます。
(上手く説明できないから、今度耳を傾けてみてくださいね。)
















上四柱の盛大な舞の後には、児屋根さんと太玉さんが二柱でいよいよ喜びを舞われます。
これも、筏津の昔からの天の岩戸の形です。



写真撮影・掲載主催者許可有。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260098秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3334756