広島の夜の大歓迎。
ダイヤやっと月がのぼってきましたダイヤ

今夜は居待月。

月がのぼるのを立って待つにはしんどいので、座って待つ月。

ぼんやり滲んで形も定まらない梅雨の月。

これはこれで良し。


ダイヤ前回の広島神楽定期公演ダイヤ

下河内神楽団の皆さんをご紹介します。

大粒の雨で、梅雨入りの日。

ロビーのデモンストレーションでは、大蛇、狐・鬼が揃ってお出迎え。

囃子につられて入ってこられるお客さんが、驚き、はしゃぐ姿で賑わいました。




上そりゃあ、童心に返っちゃいますよねにこっ


又、この日は、東京からの修学旅行生もお迎えすることができました。

東大への進学実績で、全国的に名を知られる名門校。

生徒さんは、大蛇におっかなびっくりながら興味津々。

先生は「滅多にない経験」と興奮気味で。

『生徒と同じような年代の若者が、懸命に伝統芸能に取り組む姿にとにかく感心する』とお話されました。

平和都市広島への修学旅行、大きな土産話をプラスして頂けたようです。



上明るく、ユニークな先生(中央)。
生徒さんたちも、神楽を満喫されていたようです。

下河内神楽団の皆さんには、最後までご協力頂きありがとうございました。



~第一幕 紅葉狩~

楽しみにしていた紅葉狩。

4~5年前から舞われていますが、一番練習を積まれ、得意演目と聞かれれば、そうかもしれないと答えるという演目だそうです。

派手さを追うときりがないということで、我々の舞うべきは“シンプル”とおっしゃいます。

又、本来はチャリが登場する構成ですので、まつり等ではまた違った趣となるようです。


大太鼓:田上敬洋さん、小太鼓:青木 静さん、
手打鉦:山下健次さん、笛:山下沙利奈さん。

平維茂:木村健斗さん、従人:岡本祐也さん、
八幡大菩薩:山下清隆さん、鬼女大王:河合大輔さん、
鬼女:広増一誠さん・広増 神さん。





































明後日14日(水)の広島神楽定期公演は

新団長、森廣洋さん率いる今田神楽団の皆さんの登場です。

「葛城山」「山姥」の二つの違う顔を楽しんでくださいね!


6月14日(水) 18時開場 19時開演
広島県民文化センター(082)245-2311



上舞ロード千代田ディナーショーから、今田神楽団 葛城山
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256497秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3759133