繋げる。
ダイヤ静かな雨ダイヤ

お出掛けには不便ですが、心身共に潤してくれるような恵みの雨です。

今夜は定期公演。

足元に気を付けてお越しくださいにこっ


ダイヤでは、前回の定期公演ダイヤ

春木神楽団の皆さん、続きます。

幕間舞台には、藤本将太団長をお迎えしました。

はじめに神楽団のご紹介と合わせ、団員さん募集のお話をして頂きました。

何かしらきっかけになるよう、一度道場に見学にお越しくださいというお話ですグー

これに加えまして~。

私から“藤本団長の彼女募集”について、ひとこと。

この日の開演前に、春木女子チームから依頼されていましたので・・・言っとかないとねにひひ

しかし、そういう驚いた時など、ふと自然体に戻られて少年のような笑顔と垂れ目の愛らしさが人を惹きつける方であります四葉


又、最近では春木の団員さんにお子さんが誕生され、団員さんの明るいニュースは神楽団に活気をもたらす事や。

神楽があったからこそ出逢い、これからも一緒に歩いて行けるメンバーに対しての想いを語られました。


そして、来月に近づいた千代田競演のご紹介もありました。

春木の皆さんは、得意とする鬼女舞から「滝夜叉姫」で臨まれます。

ここ最近は続けて個人賞を受賞され、大きな励みされる一方で、緊張感を高めておられます。

又、今田神楽団の皆さんと合同で開催される10月の秋奉納についてのご案内。

神楽の里への大歓迎で結ばれました。




上沁みる、山姥。


~第二幕 山姥~

春木の皆さんの十八番演目です。

それぞれの役に思い入れをもって情味豊かに舞っておられます。


私は普段から特に、山姥の頼光さんが好きなのですが。

春木の山姥の頼光さんが、坂田金時にかける口上が素晴らしかったので、紹介させてもらいます。

「如何に坂田金時 これより汝が歩む道は 熱き雨、風に打たれ 未だ幼き汝には辛く険しき道なれど これよりは我が四天王のひとりとして武士(もののふ)の道に励みそうらえや」

頼光、良い人だわ~。。。


上演後、頼光を舞う森下祐之さんと頼光さん談義。

森下さんがおっしゃるには。

『自分の中でも、頼光という役を大切にしながら試行錯誤をしています。。。それでもやっぱり、ばあさん(山姥)に、全部持っていかれてしまうんですよ~。』

そりゃあね、カンムリ演目だからね。

でも、頼光ファンはしっかり見ていますよ花


大太鼓:藤本将太さん、小太鼓:小山渓太さん、
手打鉦:石飛緩枝さん、笛:蔵升章子さん。太鼓:

源頼光:森下祐之さん、渡辺 綱:高濱弘幸さん、
山姥:小田慎二さん、怪童丸:山口周平さん。






































上とっても綺麗に撮ってもらって嬉しい!
山姥の面も笑っているように見えるにぱっ

左から:藤本将太団長、山姥、森下祐之さん、小田慎二さん。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.485839秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3339413