一緒になって楽しむ。
ダイヤ5月最初の定期公演はダイヤ

安野神楽団の皆さんでした。

この日は、何らかの打ち合わせがあったようで、開場待ちをするお客様のもとへ突然狐が現れ、サプライズとなりました。

皆、狐が好きだわ~にかっとても喜んでおられました。


ダイヤさて、初めてご一緒できた安野神楽団の皆さんダイヤ

明治42年11月に「本郷奏楽会」として誕生してから106年。

安野神楽団へと名称が変わったのは今から34年前のことです。

旧舞を中心としながらも「新しい創造」を胸に新舞にも取り組み。

ご縁を頂く舞台に、一番喜んで貰える神楽を!と稽古に励んでおられます。

~第一幕 塵倫~

保持される旧舞の中で、最も得意とされる演目です。

塵倫を主に舞っておられるのは、宮本 千春団長。

『鬼舞はね、ほとんどのお客さんは鬼を見ていますから。鬼の所作がお客さん自身の持つ塵倫と一致すると、お客さんはより楽しく物語に入り込めると思うんです。』

『塵倫が空から偵察する姿、厳重な警備に様子がおかしいと感じ取る所作。所作に込められた意味をお客さんと共有したいですね。』

拘り強く、塵倫に惚れ込んで、舞い続けて30年です!



上『その神楽団の塵倫の印象は、鬼幕から出てきた一瞬で決まると思うんです。』という気持ちをお話して頂きました。


ダイヤそして、この塵倫の面を幕間で詳しく紹介してくださったのはダイヤ

副団長の上端 一宏(かみはしかずひろ)さん。

もう60年を過ぎるであろうこの面は、女性らしく少しふっくらとした様子で。

面の表情から舞が生れるほどの、安野の皆さんの宝なのだそうです。

何度も修復が施され、色を重ねる都度、重たくなっていますよ、というお話。

とてもドラマチックですね!

そして、上端さんも塵倫の舞手でいらっしゃいますが・・・

『宮本団長が塵倫が好きすぎるから、滅多に舞わせてもらえないんですよ~汗』とお客さんを笑わせておられました。



上神の舞は、数年前に80歳代の先輩をお迎えし、改めて整え直したのだそうです。


ダイヤ続く幕間ではダイヤ

新舞の魅力を知ってもらおうと。

わざわざ、土蜘蛛の面と、手ぐもをいくつか用意してきてくださいました。

子供さんに鬼面を被ってもらい、頼光役の団員さんに投げる!

すると頼光さんは見事な演技で、蜘蛛の妖術に倒れたのでした~オッケー

神楽の体験と、団員さんとの触れ合いは最高のお土産話になったと思います。


長くなったので、分けます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.312627秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3334599