汗、キラキラ☆
ダイヤ今夜も、定期公演ご来場ありがとうございましたダイヤ

初めてご一緒できた安野神楽団の皆さん。

とにかく万端に用意をしてきてくださって。

サプライズの、狐の登場きつね

参加型の舞台等、お土産話を沢山持って帰って頂いた日でした。

平日忙しい中を、お客さんの喜ぶ顔を浮かべながらの準備だったんだろうな、と頭が下がります。

また後日、その様子をご紹介します。


ダイヤ吉和競演も折り返しになりましたダイヤ


~プログラム8(新)滝夜叉姫 八千代神楽団~

「天慶の乱」を保持され、それに続く滝夜叉姫を、この度初めて競演にもってこられました。

全体を10分短縮する構成に奮闘し、中でも五月姫の心情と、神の合戦の場面に稽古を重ねられたそうです。

渡利 一志団長が『今日に向かって全力を注ぎました!』と、上演後お話される姿が爽やかで、お話を伺っていてとても気持ち良かったです。



上『生身の女である五月姫は信念の底に、孤独、揺らぎと色々と入り混じると思うのですが。
貴船の神の力を得た瞬間に、正に“復讐の鬼と化す”、別のものが生れると思うんです。』
五月姫(滝夜叉姫):沖道優作さんのお話です。



上力を注いだ合戦の場面。舞手と奏楽の表情がピタリ一致しています。


~プログラム9(旧)塵倫 川北神楽団~

プログラムが順調に進む中、早くから固い表情で、舞台を見つめる姿がありました。

仲哀天皇で10年ぶりに競演の舞台を踏む、大倉幸人(さちと)団長。

『言うとくがっ!今日はね、緊張しとるけぇ、冗談は一切なしよ

チャリも一切せんよ。ホンマわしものすごく緊張しとるけぇ。

そういやぁ、ここ(吉和)は個人賞がなかったぁね。

もしあったら、わしじゃね。ハハハッ冗談よっ! 

旧舞の部・優勝おめでとうございます。



上塵倫:佐々木一紀さん。先日、『旧舞の花形と言われる塵輪を任せてもらえることに感謝しています』と気持ちを伺ったばかり。励みになりますね!



上11日(日)の西部競演に、鍾馗で臨まれます。
儀式舞の後、すぐ。競演の部のトップバッターをつとめられます。



~プログラム10(新)日本武尊 神幸神楽団~

以前より保持されている演目ですが、舞わない年もあり。

2・3年毎に復活する度に、演出が少しづつ変わっています。

昔ながらの舞い方を継承しながら、新しい演出を取り込み、神楽の楽しさの幅を広げる役割を持つ演目なのだそうです。

この度は、酒宴の場面の口上を新しく加え、川上帥を人間くさく描かれ、そこがやはり、強く印象に残っています。



上川上帥と小碓命の合戦は、軽やかで圧倒的に美しく。衣装の膨らみ広がりと共に溜息がでるほどでした~。



上帥を人間くさく描くことによって、小碓命が冷淡な「戦士」に見えてきます。


いよいよ終盤へ続くよ~ん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.270035秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289221