競演には競演の。
ダイヤ今夜も吉和競演いっきまーすダイヤ

~プログラム3番(新)羅生門 八重西神楽団~

競演に初めてもってこられた演目です。

希望演目が重なって、という理由からですが。

羅生門を競演舞に仕上げるために、アイデアを出し合い、重点を絞った稽古に励み。

最終的には、若手を中心とした全員神楽が達成できたというお話でした。

又、藤本智子さんの、まっすぐに心に届く笛の音は、頼もしく清々しく印象に残りました。



上茨木童子の左の腕を持ち帰る綱。
乳母(酒呑童子化身)は、執拗に、一目見たいと繰り返します。




上腕を取り返す場面での、面の早変えに興奮しました。
どうなってるか、さっっっぱり分からない~。



~プログラム4番 (旧)天の岩戸 宮乃木神楽団~

旧舞で臨まれました。

一番の想いは、厳かな旧舞の中にどう宮乃木を描くか。

『宮乃木の新舞の特徴は、パワフルでウワ―ッといく感じでさぁやぁ?
旧舞は、厚みのある太い神楽だけぇ、そん中で自分たちの舞を上手く現したい言うことなんよ。』

幕裏でモニターとにらめっこの、管沢秀巳相談役のお話です。



上可憐な艶やかな天鈿女命。
上演前、舞手の皆さんの、幕裏での集中力は凄いです。




上『ここからは、宮乃木のパワーでウワーッといくけぇ!』幕の後ろも活気づきます。


~プログラム5番 (新)滝夜叉姫 大森神楽団~

10年ぶりに競演にもってこられた演目です。

奏楽は以前からのベテラン勢。

舞は、若手で新しく変わっています。

競演については、勢いよりも、お互いの息を合わせて舞うように。

又、昔の楽調と、今の舞との調和がとれるよう稽古をしてきました。

新舞の部・準優勝おめでとうございます。



上しみじみと。観る人の心を徐々に染めていく五月姫:沖本法一(のりかず)さん。



上11日(日)の西部競演には、再び滝夜叉姫で臨まれます。
なんと!特出として、恵比寿も舞われます~。


まだまだ続くよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.290948秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3334599