伝えたいこと、山ほど。
ダイヤクリスマスは特に関係ないなぁと言いつつダイヤ

今夜は友人たちと集まるので、それなりの準備をしております。

ビンゴゲーム担当なので、賞品もばっちり揃えました。

毎年「嬉しいかどうか微妙」なものがテーマです。

焼きそば&チゲ鍋入浴剤とか、カレー味の歯磨き粉とか、ゆで卵用の塩セットとか。

他にも、ここではちょっと言えないものが入っておりますにひひ

自分に当たる可能性があるけどね・・。

一番欲しくないのは、タイヤグミかな。

ゴムの匂いがする、恐ろしいほど美味しくないグミですが、意外に有名です。知ってる?

1年を皆で労いながら、笑って過ごせたら良いと思います。



上どんなんだろう?



ダイヤでは、46回広島県神楽競演大会ダイヤ

競演の部に入ります。


~プログラム3番  鍾馗 松原神楽団~

鍾馗は入団した時から「一度は舞いたい」目標であり、若いうちから個々がそこに向かって精進しています。

選ばれた者しか舞人・楽人にはなれませんが、常に「いつかは自分が」と言う想いを持っています。

裏方を支える団員も熱い気持ちで団全体が一緒に演じます。

松原の鍾馗の特徴のひとつに、面があります。

神・鬼ともに“絵付けの髭”。

広島ではあまり見かけることがありませんが、松原神楽団の伝統です。


舞の部 技能賞(個人賞)、本家久史さん(素戔鳴尊)おめでとうございました。


素戔鳴尊:本家久史さん、疫病神:斉藤直将さん。

大太鼓:上手佳也さん、小太鼓:沖田哲明さん、
手打鉦:深野 翼さん、笛:上分かをりさん。














~プログラム4番 紅葉狩 西宗神楽団~

西宗神楽団が、この広島県競演大会で初優勝した、思い入れの深い演目です。

横田神楽団より神楽を師事した西宗の皆さん。

その中で紅葉狩は、神の舞の基本となり、足の運び方に特徴を持ち、つま先を意識して神楽の歩き方を追求しています。

又、姫の舞は、優雅さを大切に演じます。

特に、日本の情景美を魔性と描くこの演目は、優雅な舞から一転する鬼女の迫力を見所としています。


平維茂:桒木 武さん、長谷兼忠:中田正則さん、
武内神:清水誠二さん、鬼女大王:池田真彬さん、
鬼女:山上尚也さん・東 友樹さん、
大鬼:迫本昭憲さん、鬼・山上尚也さん・池田真彬さん。

大太鼓:寄政敏雄さん、小太鼓:川内美尚さん、
手打鉦:市室昭彦さん、笛:勝浦千波さん。






















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.264157秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3754425