カキカキ((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ
ダイヤ神楽の宴まいりましょう~ダイヤ

~第二幕 石見神楽亀山社中 塵輪~

石見の社中として、神楽の宴に一番登場回数が多いと思われる、亀山社中の皆さん。

ご挨拶は、副代表の小川徹さんでした。

何度ご一緒しても、朴訥な人柄と、舞台での華やかで威ある姿のギャップに感嘆しますにこっ



上二神の姿は格別重厚感のあるものです。

仲哀天皇:梅川 昌良さん、高麻呂:大下一匡さん。



さて、二神二鬼の塵輪に広がるご紹介は。

石見神楽として鬼の歴史を紐解くと、その昔は鬼=女(般若)。

女鬼に比べると男鬼の歴史は浅いと思われるというお話。

そして、“塵輪というふしぎのもの色あかく”と史書に記されていることから。

『黒雲の間から見えた、何かしら赤い恐ろしいものを、昔の人の想像力を以て、物語に仕立てたのでしょうね。』と、遥かな時代と今日を繋がれました。

石見神楽発祥の地で育まれる、神楽人たちの礎。

演台を用意して、じっくり胸に刻み込みたいですね~。



上白鬼(般若)と赤鬼(男鬼)、夫婦鬼とも呼ばれるそうです。



~第三幕 宮乃木神楽団 八岐大蛇~

ご挨拶は、団長に就任されてから初めての春を迎えられた、山本貴範さん。

年間50近い興業と稽古の日々に。

団長さんになってから、変わったことはありますか?と伺ってみました。

『痛感したのは、家族の協力の有難さです。』と即答されました。

宮乃木を長く応援されている方には、団員さんの若かりし日が懐かしく思われるかもしれません。

私も親戚のおばさんのような気持ちになってしまった~にかっ



上大蛇の頭は一頭ずつ、大きさも顔つきも全然違いますね~。


ところで、前々から興味があったのは

8頭の大蛇の見た目の違い。

色はもちろん、顔・髪型、表情、角等々同じものを見ることは滅多にありません。

以前より伺ってきた色のバリエーションは。

中国山地の自然が織りなす四季折々の表情ではないか、とか。

伝統芸能の遊び心でしょう、とか色々聞かせて頂きましたが。

宮乃木では、個々の舞手の拘りに基づいて頭が作られているようで。

大蛇の見た目と、その舞子は、案外、顔形がよく似ていますよ、とお話されました四葉



上5頭の大蛇を力いっぱい成敗した後の須佐・・・白大蛇との最終決戦!どちらもがんばれ~。


~最終演目 大和葛城~

発表からちょうど1年ほど経ちました。

配役を変えながら、まだまだ新鮮な気持ちで育てている演目です。

女郎蜘蛛の妖しさが印象的でした~。



上頼光の側女に姿を変えていた女郎蜘蛛たちが、本性を現す場面です。



上土蜘蛛の精魂の岩屋前。
決戦の火蓋を切るのは、力自慢の坂田金時(山本貴範さん)。


続いちゃうよ~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.290678秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286118