念願。
ダイヤ宵の明星ダイヤ

マイナス4等級、夕方の南西の空に一際輝いています。

早く陽が落ち、金星の高度も上がってきて、これから見頃が続いていきます。

太陽、月に次いで明るく見える金星。

冬の夕暮に、金星は気持ちも明るくしてくれるような気がします。

さて、地球から見た金星は、月と同じような満ち欠けがあります。

1月中頃までは半月状、それ以降更に細くなります。

肉眼での確認は難しいと思いますが、双眼鏡か、天体望遠鏡がお手元にあれば、ぜひ!



上3月までの金星の位置と大きさの移り変わり。(もちろんこんなに大きくは見えません)
※Nikon星空案内




上11月初旬の三日月と金星。12月3日に細い月と金星の接近があります。


ダイヤ深野神楽 復活30周年記念共演会ダイヤ

ご紹介を始めます。

この度の共演会のテーマは「深野神楽の新時代の幕開け」です。

深野神楽保存会の皆さんが指導する、深野神楽こども教室は、今年14年目。

懸命にコツコツと育てて来られた、1期生、2期生の卒業生たちは深野神楽に根をおろし。

嬉しいことに、すでにメンバーとして活躍しています。

子供たちを一緒に見守って頂いた地元の皆さんに、感謝の報告と。

30年の節目に、深野神楽の活気に満ちた姿をご覧頂きました。

それでは、共演会のスタートは継承者の皆さんから・・・




~ 深野神楽こども教室 ~

これまで小学生を対象とし、今年から保育所~中学生までと広げて、現在17名。

儀式舞や八俣大蛇を保持します。

本場前の舞台の袖で、深野の先輩方の話を、頷きながら聞く真剣な表情はとても大人びていましたが。

上演後、ホッとした途端に、ニコニコと可愛く笑う子供たちを見ていると。

指導される深野神楽保存会の皆さんと子供たちが重ねてきた、日々の充実が伝わってくるようでした。

第一幕の清目(きよめ)では、先輩方の稽古を忠実に、厳かに舞い。

第二幕の八俣大蛇は、「研究熱心」を加え、全身で一生懸命舞いました。

大蛇の里で育つ子供たちは、小さいころから大蛇が大好き!です。


~第一幕 清目~

奉納で一番最初に舞われます。神楽殿、団員、観覧者を祓い清め神楽舞を滞りな繰り広げるための大切な舞です。

清目:多々納実紀さん。

鼕(どう):多々納悠貴さん、太鼓:柳楽祐貴さん、
笛:芝原佐知さん・芝原春菜さん、
合調子:半田愛麗さん・芝原桃香さん・景山友也さん・和泉大雅さん。













~第二幕 八俣大蛇~

須佐之男命:堀江柊介さん、八俣大蛇:柳楽光輝さん、
足名槌命:山田琴水さん、手名槌命:山田理水さん、
稲田姫命:勝部 茜さん。

鼕(どう):多々納悠貴さん、太鼓:柳楽祐貴さん、
笛:芝原佐知さん・芝原春菜さん・多々納実紀さん、
合調子:芝原桃香さん・半田愛麗さん・景山友也さん。


2016_0918_113801-DSCN0292.jpg






















続いていきます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前  2022年06月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.267216秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

4840328