9月も半ば。
ダイヤ今夜は新春神楽、団長さん会議でしたダイヤ

新春かぁ・・・きっと、あっという間ですよ。

詳細が発表されるのを待ってご案内を致します。


ダイヤところでダイヤ

今日の会議でもご一緒させてもらいましたが。

先週日曜日・9月11日は、大塚神楽団の竹田淳一さんのお誕生日でした。

うちの娘も同じ誕生日。

乙女座ですよ~にひひ

38歳おめでとうございます!

愛娘の愛唯ちゃんと共に、元気で忙しい「充実」の1年になりますように。。。


ダイヤさて、明日は水曜日ダイヤ

前回の広島神楽定期公演、阿阪神楽団の皆さんをご紹介します。

この度で3度目となる出演です。

m(_ _)m アリガタヤ~

ホールの舞台ですが客席が近く、お客さんの顔がよく見えて、心躍らせて舞うことができるとお話されました。

その気持ちが届いてお客さんも終始リラックスし、よく笑ってもらいました。

上演後の撮影会では、藤田丈二団長が、関西から来られたお客様に・・・

『歌、上手いなぁ!』『こんな太鼓があるんや~。』『奉納はどうやって行ったらええん?』と感激をぶつけられ、モテモテでした。

奉納に加え、イベントシーズン、健康一番に頑張りましょう!




上“荘厳”を舞う、仲哀天皇の河野さん、高麻呂の小田さん、長きにわたってのコンビだそうです。


~第一幕 塵倫~

今からおよそ15年前、琴庄神楽団から紅葉狩や葛城山を師事されました。

特に紅葉狩は、間もなく県競演で優勝を飾られ、思い出深い演目となりました。

そして、その当時習った囃子をお手本に、現在は髙田系八調子の塵倫を舞われます。

ひとつの演目に、どれだけ多くの人が拘わりながら継承していくのかな、と思いを馳せます。

3つの鬼のゆったりした舞は、時を遡るようでした。

ところで、ちょっと面白い表情の面がありまして、後で写真を確認すると、この鬼ばかり撮っていたのであります~。


大太鼓:藤田丈二さん、小太鼓:上野昭文さん、
手打鉦:佐々木正之さん、笛:石田 実さん。

仲哀天皇:河野英治さん、高麻呂:小田 太さん、
塵倫:益井保信さん、鬼・小野遥平さん・河野翔紀さん。










上この面、愛嬌があるようでいて、不気味で恐ろしい。














14日(水)の定期公演は

八重西神楽団の皆さんです。

いよいよ、あのオリジナル演目「奥州安達ヶ原の鬼女」が登場。

そして千代田競演準優勝演目「土蜘蛛」です。

多岐に渡ってお話も頂けそうですね。

9月14日(水)広島県民文化センター
開場18時 開演19時
(082)245-2311



上今年の千代田競演から、八重西神楽団「土蜘蛛」。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.25719秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3754441