怪物のようで、神のようで。


上丸亀製麺のタル鶏天ぶっかけ・並。
タルタルが美味しい音符鳥が大きすぎて食べきれませんでした。



ダイヤ周東町神楽公演、最終演目ダイヤ

後野神楽社中の八岐大蛇です。

余談ですが、この日、会場のパストラルホールへ向かう緩やかな登り坂で。

雨が降り始め、急に視界が悪くなりました。

その途端目の前に、白っぽい長~い蛇が!左の草むらからにょろにょろ出て来てがーん

運良く対向車もなく、右に大きく膨らんで回避しました。

『あぁ良かった、蛇ひかなくて汗

でもこの後、八つの蛇を、バッサバッサと豪快に切り裂く、八岐大蛇なんだよね~にひひ



上姫とりの場面です。


幕間には、虫谷昭則代表にご挨拶をお願いしました。

普段から“神楽をしているからこそ”の多くの御縁に恵まれること。

そしてこの日、周東町公演にお越し頂いた皆さんと出逢えたことへの感謝のご挨拶でした。

又、何と言いましても、これをきっかけに石見神楽に興味をもってほしいという一番のお気持ち!

石見の奉納の何とも言えない、懐かしい雰囲気。。。

続いて、長浜面や蛇胴・神楽用花火・笛・煌びやかな刺繍衣裳等が浜田発祥であるというご紹介と共に。

「神楽の里」を体感しに、一度足を運んでくださいと熱心にお話されました。


~第四幕 八岐大蛇~

演出を伴って、始まりの場面はとても美しく恐ろしく壮観です。

前の方の席の方は、蛇胴がたてる音もよく聞こえたと思います。

およそ17メートル、12キロの蛇胴、そして蛇頭。

1人の舞子さんが操る驚きの技で、気宇壮大な神話の世界を感じて頂きました。


須佐之男命:勝田知宏さん、足名椎:渡辺清重さん、
手名椎:長谷川千恵子さん、稲田姫:長谷川幸恵さん、
姉姫:長谷川直紀さん、大蛇:岡本浩治さん・林 貴裕さん・
宮本 淳さん・鬼城忠明さん・長谷川一樹さん・田中裕隆さん・
林 啓人さん・本田隼人さん。

大太鼓:江坂寿満さん、小太鼓:大坂慎吾さん、
手打鉦:小松原真さん・吉永貴仁さん、笛:松谷みゆきさん。
























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.255949秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289260