重み。
ダイヤではでは、あさきた神楽公演ダイヤ

松原神楽団の塵倫へまいりましょ~



上やっぱり良いですね。あさきた公演のひとつの色ですね。


~第二幕 塵倫~

松原の伝統に重きを置かれる、岩戸、鍾馗、塵倫。

ほんのちょっとした面の傾きに、塵倫の不気味さが増します。

『塵倫は、先輩が舞っていた通りを受け継いでいます。空を飛ぶ演出は無く、ひととりの舞の中に「身に翼がある鬼の舞」を表しています。
今の時代、その場面がないことが、反対に松原の特色になっているかもしれません。』

続いて、斉藤直将団長のお話でした四葉






























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2020年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.257604秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3403583