薄曇りじゃないかい?


上カシワバアジサイ。眺めているとちょっと涼しい。


太陽日中暑かったですね~太陽

パタパタ ((“Q(´・ω・`υ) アツイ、アツイ

夕方のこの時間はホッとします。

・・・今頃こんなこと言ってたら、真夏、どうなるのっ??


ダイヤ夜風に当たりながら火星観測しませんか?ダイヤ

本日(31日)は、地球と火星の最接近。

南の空には、一際赤く輝く「火星」がのぼってきます。

ホント、明るくて大きいですよ。

火星が赤く見えるのは、地表の大量の酸化鉄。赤サビってことですね。

太陽系で、火星は地球のひとつ外側を軌道し、1年10ヶ月かけて太陽の周りをひとまわりします(公転周期)。

地球は1年でひとまわりなので。。。

地球の公転周期のほうが早く、2年2か月に一度、内側から火星を追い越すことになります。

この追い越す時が、最接近です。

但し、地球も火星も太陽の周りをまわる軌道が楕円形をしているため、最接近ごとの距離は異なります。

火星と地球との計算上の近点距離は、およそ5400㎞。

遠点距離は、およそ1億㎞。

今回は約7500万km。まあまあの接近となります。




上2025年までの火星接近日とそれぞれの距離。
※Nikon星空案内から。




次回、2018年の7月には大接近となり、5800万㎞まで近づきます。

とは言え、今回も接近は接近。とても強く輝き存在感があります。

今夜以降も、しばらくは大きく見えますので、涼しいベランダで・・・

火星への移住計画など、想像してみては如何でしょうか。

近々、移住実験の公募があったら、希望しますかにこっ

又、火星の傍らには、もうひとつの赤い星・さそり座の一等星「アンタレス」も見えます。

夏の赤星のコラボをお楽しみください。



上火星とアンタレスの位置参照。
※Nikon星空案内から

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.252055秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284804