最良の日。
太陽綺麗な青空が広がりましたね太陽

初夏を思う一日でした。


ダイヤでは今日は、明るくてとても幸せなお話を・・・ダイヤ

3月、吉日。

川北神楽団の佐々木一紀さんが、ご結婚なさいました。

前団長、佐々木浩司さんのお孫さん。加計の神楽一家です。

神楽囃子を子守唄に育ち、小学校5年生で川北神楽団に入団、すでに神楽歴17年。

塵輪で個人賞を受賞されたりと、川北を牽引する若きエースです!




上雨の予報でしたが、雲一つない青空。
眩しくて目が開けられない記念写真。



奥様は、学生時代に知り合われた、同い年の春香さん。

打ち合わせで初めてお逢いした時の印象は「お人形さんみたいlove」。

スレンダーな色白さんで、目がぱっちり。

どんなドレスも似合うだろうな~と色々想像してしまいました。

朗らかなしっかり者、優しい春香さん。

素直で穏やかな人柄から、ご両親が惜しみなく愛情を注がれる、大切な、大切なお嬢さんだと強く感じました。




上打ち合わせが、楽しくて!
おふたりのやりとりに、よく笑わせて頂きましたにかっ



さて、披露パーティで、いきなり皆さんを感動させたのは。

祖父・佐々木浩司さんの朗詠。

佐々木さん作の詩章には、新郎新婦のお名前が刻まれ、お二人の門出をあたたかく見守られる気持ちが溢れています。

出席者の皆さんの心にも染み入り、賛美の拍手が続きました。



上神楽団をはじめ、身近な方々の祝いの席にいつも詩歌をおくられ、一紀さんご夫婦が25組めだったそうです。



上「一・紀」「春・香」世界にひとつの素晴らしい贈り物。


続いて、祝いの場を盛り上げたのはもちろん!川北神楽団の皆さんです。

当日は、大倉幸人団長と、念入りにネタの打ち合わせをして・・大成功でした~グー

一紀さんのお姉さん・郁江さんの笛で舞う、格別な恵比寿。


ここでは郷田亮さんの、さすが!と唸るトークによって。

春香さんが、この日から川北神楽団の一番の応援者「家族」となることを実感いたしました。




上下全力で祝います!






上な~んと郷田さん、一紀さんと誕生日が一緒なのだそうです。



上恵比寿さんが釣り上げた鯛を、その場でこんがり焼いたら、たい焼きになりました。
・・・加計の、あのたい焼きのてっぱん行事かな~?にかっ



そして、新婦・春香さんの達ての希望は。

一紀さんのお姉さん・郁江さんに歌ってもらうこと。

郁江さんはシンガーとしても活躍されていますからね。

一紀さんは、隣の部屋から聞こえてくる、郁江さんの大きな歌声を毎日聞きながら受験勉強をしたそうで(捗ったらしい)・・

その影響か、高校時代は軽音部でドラムをされていました。

姉の影響恐るべし。。。

春香さんのリクエストは、大好きなアニメから、ノリの良いデュエット曲でした。

神楽でお逢いする一紀さんの、物静かなでクールな雰囲気はどこへ行ったのだ??

新婦へ贈る、姉と弟のパワフルなステージは、湧きに湧きました!




上打ち合わせがなくても、歌もダンスも、とんでもなく息ぴったりなんです。新婦さん、嬉しそうだった・・・



上姉と弟、最強!


若いお二人の、幸せの源は「ご家族」です。

陰に日向にお二人を支えるご両親は、道標。

『世界で一番可愛い』と春香さんがおっしゃる妹さん。

一紀さんが頼りにし、尊敬する姉の郁江さん。

これからどんなことがあっても、寂しい時はないでしょう。

お二人がこれから歩まれる遥かな道に、幸せの華が咲き誇りますように。

ご結婚、おめでとうございます。




上川北神楽団へ、ようこそ春香さん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.259755秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3334678