この日のための。
“熊本地震”不安な夜がやってきました。

最新情報に胸が痛みますね。

熊本、周辺地域の皆様へお見舞いを申し上げます。

これ以上被害が大きくならないよう祈るばかりですね。


ダイヤ「あさきた神楽発表会」続けていきましょうダイヤ


~第三幕 天岩戸 飯室神楽団~

新舞の中に、際立つ重厚感です。しっとり。

岩戸は飯室の皆さんにとっても一番大切にされている舞。

10周年の節目に「新たな歴史の幕開け」を願って、天岩戸をもってこられました。

『半年のぶりの岩戸だったんだけど、衣装を着た練習は身が引き締まるし、団員は皆岩戸が好きだと改めて思いました。岩戸は良い舞ですね。。。』

私も、天手力男命さんの『かしこまって候』を聞くことが出来て良かったです!


大太鼓:野見山渉さん、小太鼓:吉村公司さん、
手打鉦:吉村一成さん、笛:大西菜つみさん。

天照大御神:山本隆明さん、天児屋根命:大畑 強さん、
天太玉命:湯月大生さん、天宇津女命:倉頭勇太さん、
天手力男命:下田勝行さん。















~第五幕 大森彦七(全編) 綾西神楽団~

前編とかじゃなくて、全編なんです。

綾西の創作神楽「大森彦七」と「矢取川」を、この発表会のためにひとつにまとめられました。

どこをどう魅せるか、かなり試行錯誤され、創作神楽は心身ともに消費する!と、その充実をお話されました。

楠木正成のもうひとつの伝説の中に、人の愚かさを舞い、その終わりの合戦は華やかに結ばれます。

大森彦七:(前)玉城啓一さん、(後):若林佑紀さん、
楠木正成:若林佑紀さん、楠木正季:尾崎雄二さん、
道後左衛門近信:重川繁樹さん、菊間五郎太:尾崎雄二さん、
猿又:玉城啓一さん、兵馬:松村厚志さん、虎彦:佐々木康介さん、
千早姫:若林弘志さん、楠木正成の霊魂:若林佑紀さん。

大太鼓:尾崎雅也さん、小太鼓:若林洋子さん、
手討鉦:上田楓人さん、笛:佐々木もも子さん。

☆あらすじ☆

足利尊氏は、湊川の戦いに敗れた楠木正成・正季の追打を大森彦七に命じ、正成は討たれ、正季は自害。

彦七は尊氏より褒美を授かり、領地を得、一躍豪族となり豪遊・猿楽に現を抜かす。

ある日彦七は、金蓮寺の春祭りへ向かう途中、千早姫と出会い、姫を背負って矢取川を渡るが、姫の正体は楠木正成の霊魂であった。

家来たちは、大般若教の教えをもって霊魂を調伏する。




上深い怨念を抱きながら、この世を去る正成。



上正成を討ちとり、手柄をたてる彦七。この頃は、血気盛んな英雄。



上下贅沢な暮らしにうつけ者へと変貌する彦七。





上彦七の愚かさにつけ入る、正成の霊魂が姿を変えた、千早姫。





上千早姫を背負い矢取川を渡る彦七。なんだか様子がおかしいなと思い始めています。







上下勇猛果敢で優秀な家来たちによって命を救われる彦七。
大般若経の教えをもって正成の霊は調伏されます。









綾西神楽団の皆さんは、4月20日(水)広島神楽定期公演に出演されます。

紅葉狩・葛城山です。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.382821秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3339504