ご神徳を舞う。
ダイヤではではダイヤ

初見であった、刺鹿(さつか)神楽団(大田市)の日御碕をご紹介します。

大田市の神楽を拝見する機会は、これまでにあまりありませんが。

“混沌”と”合流”という印象を受けます。

この日も、とても新鮮に拝見しました。



上たおやかな、日御碕大明神。


~刺鹿神楽団~

昭和54年結成。

大田神楽団(現在は活動されていないと伺いました)に師事され、奥飯石流(おくいしりゅう・出雲系)・六調子を継承。

代表は和田義弘さんで、現在12,3演目を保持。日御碕は一番の十八番だそうです。


~日御碕~

○あらすじ○

8万4千の手下を従え、大将「彦春」が、海を自由自在に出没し悪業を重ねながら日御碕に襲来します。

日御碕一帯を守る女神「日御碕大明神」との戦いになりますが、頑固に抵抗する彦春も、ついには平伏するというお話です。


別名「十羅」ですよね?

ゆっくりお話を伺う時間がなかったので、細かい所は分からないのですが・・

女神は偉大で、威厳に満ち、圧倒的に強く。

足さばきも、口上も、手先まで、しなやかな舞でありました。

「囃子で舞う」合戦も、独特の動きを面白く拝見しました。



上下本来は一神一鬼の舞ですが、イベントなどでは鬼多数(7つ)。

8万4千の手下、という具体的な数字も、興味をそそりますね。






上下大将・彦春登場。大きい鬼棒は櫂のイメージになるのかな?






上客席に散らばっていく鬼。騒然。


















上小2から60代まで計20名で活動されているそうです。



上囃子で賑々しく結ばれます。良い雰囲気~四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.258505秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292937