喜奏。


上あちちちちちっ汗


ダイヤ今年も、おと24時間余りダイヤ

始まりに向かって、ひとつずつ終える、そんな感じ。


ダイヤ今年の締めくくりにご紹介するのはダイヤ

津浪神楽団の皆さんの太刀納めです。

毎年声をかけて頂き、いつもの神楽ファン(マニアにひひ?)の皆さま方と一緒に、のんびり神楽鑑賞です。

今年は横田神楽団の皆さんがゲスト。

奇しくも今年のグランプリ覇者が集うこととなりました。

互いを讃え喜び合い、肩の荷を一旦おろして、伸び伸び、神楽を舞う楽しさを分かち合っておられるように感じました。



上末田健治団長。地元の皆さんに最良の報告が出来て、素晴らしい年になりましたね。


お客さんと共に、団員の皆さんも参加する、恒例の抽選会は。

津浪神楽団を代表して、片山大輔さんの肩に、全てが委ねられ。。。

その結果、横田神楽団の久保良雄団長をはじめ、谷本陽荘さんや山際紗月さんも、見事、御幣やドレッシングなどをゲット星

ニコニコ童心に返って楽しまれる姿、太刀納めならではの寛ぎがありました。

そして、メインとなる「鐘馗の茅の輪」は、四岐の大蛇の大町作太さんが当てられたんですよ~。前から欲しかったそうです。

大町さん、神様ちゃんと見てくれていますねっにぱっ


~第一幕 津浪神楽団 尊神~

古くからある演目であるが、内容の意味は定かではない。
「神降し」「神迎え」に続く舞とされる。
おそらく、御降臨された神の威徳を讃仰する意味をもつものであろう。
―当日パンフから―

再演するにあたって、師匠神楽団である高下神楽団より師事されました。

様々に想像力を働かせて観る、おもしろさ。

面は先輩方からの話を元に、現在作られている最中なのだそうです。










~第二幕 津浪子ども神楽団 弓八幡~

毎週1回、河内神社で練習に励んでいます。

太刀納めが終わった後も、きびきびと片付けを手伝う、神楽の里の頼もしい子供たちです。













~第三幕 津浪神楽団 大楠公~

5月・西部競演、優勝演目。

「その昔、津浪の代表演目だった」という大楠公は、再び津浪を誇る演目となっています。













続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.281262秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292985