WAKUWAKU♪WAKUDA。
チューリップ新緑に燕、田植えを待つ水田が長閑な、田原温泉チューリップ

今年初めての、神楽の宴が開催されました。

と言っても、今月最初の田原でも、たっぷり神楽を見たよね~にこっ

今回のブッキングは。

田原温泉マンとして、2年目の春を迎えた湧田裕樹さん。

羽原支配人に、日々ビシバシ鍛えられながら、この度、ブッキングを任され、迸る情熱を注ぎました。

お蔭で私も、濃い舞台を見せてもらい、勉強になることが多かったです。



上湧田ルーム。小学校のころから集め始めたビデオ、DVDは900本以上。

昔の大会のパンフレットも収集。持っていないものは、買い取りしますので宜しくです
チョキ

その昔、梶矢神楽団、佐々部神楽団で舞っていた、親戚のおじさん(湧田哲夫さん・神楽脚本家)の影響を大きく受けて。

23年、神楽一色。

先入観を持たず、色んな神楽を見たいという彼は、ひと晩に3、4か所のまつりの梯子は当たり前で。

夏から秋にかけて、石見の毎日神楽に週いちで足を運び。

休日には、競演の審査員の先生方を訪ね。

神楽三昧。

・・・充実してるよね~。

只、ただ!!贅沢を言うとね・・・何だと思う?

フフッ( ̄∇ ̄).

続く!!


~第一幕 石見神代神楽上府社中 神祇太鼓~

数個の大太鼓の合奏で、四方・中央の神々を拝みながら天下泰平、家内安全等を祈願する。

舞が組み込まれ、賑々しく華やかに展開される上府社中の神祇太鼓は、独自のもので「新 神祇太鼓」と呼ばれる。



上生命力に溢れています。
鬼囃子で締めくくられ、力強い余韻に包まれます。



~第2幕 中川戸神楽団  土蜘蛛~

この日は、前長直哉さんの胡蝶。

「自分の役を、見守る気持ちは?」と、松田大地さんに伺ったところ。

“固定した役を引き継ぐ難しさ”を背負う、後輩の頼もしさをお話してくださいました。



上舞台から、能海剛さんの口上が響きます~。



上前長直哉さんの胡蝶。ピリッときました。



上土蜘蛛は、海佐竜太さん。
先日の「楽しみにしていて」はこの配役だったんだねーにかっ



~第3幕 大都神楽団 大江山酒呑童子~

『演目に“酒呑童子”と入れた、その思いをぜひご覧いただきたいと思います』惠木英臣団長のお話です。

それにしても宴会の場面は、演じて創る、というより。

その場で成り立つホントの宴会。すごいなぁ。。。



上あっにひひ



上会場を巻き込む仕掛けも、完璧に決まりました。



上このシーン、かなりインパクトあります。

神楽も後半へ続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.262495秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292947