燃ゆる情念。


上朝の宮島SAから。冬は雲の影も面白い。


ダイヤ今夜から明日の夜明けまでダイヤ

ふたご座流星群の極大です。

1月のしぶんぎ座、8月のペルセウス座、そして12月のふたご座が、三大流星群。

当たり外れなく、安定した数の流れ星が観られる天体ショーです。

特に今年のふたご座は、前後10年のうちで最高の好条件。

の、はずが。。。

曇ってる!

ガガガ (≡д≡) ガーン

準備だけは整えました。一応、3時起きします。

ダメなら、1月のしぶんぎ座に期待っパー


ダイヤでは前回の広島神楽定期公演ダイヤ

初登場、春木神楽団の皆さんでした。

やっと、ゆっくりお話する機会を頂くことができました~。



上お出迎えは、恐ろしいけど、とても親切な鬼さんと狐さん。


春木神楽団の発足は、江戸後期と残され、古い歴史を持ちます。

現在は美土里町・(故)佐々木順三氏の新舞を継承。

滝夜叉姫など鬼女系の舞を得意とする他、山姥の口上神楽を代表演目とします。

最近は天神に取り組み、この秋の奉納神楽で披露されたそうです。



上縷々、持て余す恋心。


~第一幕 安珍清姫~

神楽団に残されていた、安珍清姫の汐莉をきっかけに10数年前に取り組んだ演目。

その汐莉には、口上など一切書かれておらず。

春木の先人たちが安珍清姫を舞っていたかどうかも、手掛りがなく、今でははっきり分からないそうです。

当時の団員さんが、知識のある方の力を借りながら完成した安珍清姫。

ぜひ皆さんに見て頂きたいとお話される演目です。




実は、10年前にサンプラザの広島競演で、特出として舞われ。

その時の船頭さんのチャリ口上に魅せられ、それが忘れられなくて、今回定期公演に来てくれた女性がいました。

その船頭さんは、前団長の津江靖博さん。

そして、この日の(お頭?)船頭さんも津江さん。

『願いが叶った!』と喜ぶ姿に。

10年前の神楽が、人を動かすこともあるんだなと思いました。


大太鼓:木船勇輔さん、小太鼓:小山渓太さん、
手打鉦:蔵升美菜さん、笛:神田佳保さん。

安珍:藤本将太さん、清姫:小田慎二さん、
船頭:津江靖博さん、横竹信行さん。




上きっと迎えにくると、その場限りに誤魔化す安珍は。



上清姫を裏切り去って行きます。



上安珍の身を案じ、行方を追う清姫。



上奏楽の皆さんも物語の一部となっています。



上再会した安珍は、別人だと白を切ります。



上しかし、うっかり清姫の名を呼んでしまい、全てを悟られます。



上陰惨な物語に、ホッとするチャリの役割は大きいですね。
この場面も、素朴で懐かしい雰囲気。




上下想像を絶する悲恋物語。

道成寺の住職は安珍清姫の非業の死を悼み、法要を営んだと伝えられます。








つづくよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.263288秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3339507