結び付き。


上水内神楽団、矢野圭祐さん。
来月、ご結婚です。おめでとうございます!

バドミントンなどで、愛を育んできました。。
ほのぼのとして、良いですね~love


~友情出演 三谷神楽団 鐘馗~

水内の皆さんとの親交が深い三谷の皆さん。

地域の皆さんの繁栄を願っての“鐘馗”でした。



上姿なき鬼神を茅の輪でとらえ、右手の宝剣で成敗する。

大疫神の木下秀雄さん。この日、43歳の誕生日でしたー音符



~水内神楽団 大江山~

三谷神楽団の大江山をお手本とし、あらゆる全て、三谷の再現から入りました。

まずは、徹底的な真似から始めたい、という西 泰彦団長。

時代や舞手が変われば、神楽は自然に変わるという“長い目”を感じます。



上昨年から舞い始めた大江山。



上可憐な紅葉姫・宮木慎平さんは、消防士さん。

公務員さんにつき、道場で撮ったセクシーな写真は、個別に送らせて頂きますにひひ




上その舞台裏では・・・・
西団長と三谷神楽団の中川康弘さんが、モニターを見ながら侃々諤々、100人分!



ダイヤそしてダイヤ

昨年から、創作神楽「長門彦島(ながとひこしま)」を手掛ける水内の皆さん。

地域の英雄として伝わる「佐伯景弘(かげひろ)」の物語です。

「佐伯景弘」とは、平清盛に仕え、活躍した人物で。

厳島神社の社主。

源氏との戦いでは、一貫して、平氏を支持しました。

しかし、壇ノ浦の戦いで平氏が滅びた後も、厳島神社・神主の役職を失うことはなかったと言います。

『景弘に関する資料が少なく、手探りで困難を極めた時もありましたが。

1年かけて、やっとひとつの物語を完成することができました。

水内の代表作として、又、地域の誇りとなる神楽になるよう頑張ります。』

と、(実際には濃い広島弁で)西 泰彦団長。

仕上げの段階、まだまだ長距離を走っている最中ですが。

人情あり、合戦ありで、華のある演目となりそうですね。


ざっくりとしたあらすじは。。。。

壇ノ浦の戦いで沈み、海神竜王に奪われた「草薙の剣」。

景弘は、厳島明神・市杵嶋姫命の力を借り、「草薙の剣」を海神竜王から取り戻します。

そしてその終わりには「この剣にこそ清盛の魂あり」と、市杵嶋姫命に捧げます。

※長門彦島は、壇ノ浦合戦の際、平家一門が本拠地として陣を敷いた島です。


ざっくりすぎたかにゃ~??

(○´ω`○)ゞ

初演が決まりましたらお知らせしますので、注目してくださいねっにこっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.262163秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3334604