末永く。
ダイヤ幕間のご挨拶は、新団長・平岡秀典さんですダイヤ

土蜘蛛の精魂を舞ってすぐ、汗の光る清々しい登場でした。

神楽団のご紹介に続いてお話されたのは。

地元の大きな支えで、神楽団とその活動が成り立っていることへの感謝と。

スピード感や格好良い舞ではなく、舞手の心が滲み出るような舞を目標とし。

心身と技を、時間をかけて磨いていくという決意でした。

特に、この日演じられた「頼政~」は、今年から取り組まれた演目で。

この起点となる年に、団員が初心を忘れないように、という思いが込められています。


第二幕 頼政鵺退治~赤蔵ヶ池(あぞうがいけ)~

○ざっくりあらすじ○
 
源頼政の母の故郷(ふるさと)、愛媛県の久万高原町に伝わる伝説です。

子・頼政の立身を一身に願う、母の物語とも言えます。

平安時代、平家が栄え、源氏の名が消えようとする時代。

息子の武勲を祈る母は、赤蔵ヶ池の水神・赤龍王の声を聞き、自分の命と引き換えに息子の出世を祈ります。

鵺となった母は、京の都へと飛び、頼政に我が身を討ち取らせ手柄を立てさせます。

鵺こそが母であったと知る頼政は、母の深き愛を思い、源氏の再起を誓います。



上頼政の母・八重桐は、使いの笹丸とともに、赤蔵ヶ池に通います。
この笹丸は、主人思いの優しい男で、何とも良い雰囲気です。




上矢竹を刈る笹丸。この地は双生矢竹の産地で、その矢竹から優れた矢が生まれたと伝えられます。八重桐は頼政のために、この矢竹から作った矢を贈ったと言います。


鵺退治のお話としては、初めて拝見するあらすじでした。

(同じ流れで舞っておられる団体があると伺っています)

鵺の正体が明らかになってから、頼政・猪早太それぞれの葛藤に見応えがあります。

「心で舞う」とおっしゃるように、観た後、余韻を残します。


前半の、笹丸の『おーい』がほのぼの好きです~。

ぜひ客席から、大きく答えてあげてくださいねにこっ


八重桐・鵺:下河内貴文さん、笹丸:坂本紘秋さん、
源頼政:大田拓我さん、猪早太さん:岡崎雅也さん(高3)。

大太鼓:上駄智明さん、小太鼓:東 智久さん、
手討鉦:川后愛夏(せんこうまなか)さん(高2)、笛:東 弥洸(みひろ)さん(高2)。




上下赤蔵ヶ池の水神・赤龍王の妖気が漂います。
母は、息子の出世のため、自分の命を差し出すのです。











上鵺退治の勅命を受ける頼政、猪早太。もちろん鵺の正体を知りません。









上母の思いを知る時。



上弓を引けという言う母の前に、怯む頼政。頼政を思うが故に、猪早太が飛びかかっていきます



上鵺を射落としたその矢こそ、母から送られたフタツノ(矢竹という意味)梶矢。



上源氏の再興を高らかに誓います。


ダイヤ集まれ~ダイヤ



上左から、神楽女子ミッツさん、八重桐・鵺を舞った下河内貴文さん。
ちょっと上手にポーズができた鵺にひひ。そして、平岡秀典団長です四葉


ダイヤ明日の定期公演はダイヤ

12月始まりの定期公演は、宮崎神楽団の皆さんです。

羅生門と八岐大蛇です。

外は寒くても中は盛り上がっていきましょうグー

12月2日(水)18時開場 19時開演

広島県民文化センター(中区大手町)082-245-2311

お待ちしています!

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.298557秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297599