旧舞の世界へ導く。
ダイヤ朝、各地の初冠雪のニュースをダイヤ

「ふーん」と聞きながらリビングのカーテンを開けると。

緑井の権現山が雪化粧をしていてびっくりしました雪

冬がきましたね。


ダイヤ広島県競演後半・競演の部に戻りましてダイヤ

三谷神楽団の皆さんです。

この度、事前に書いて頂いた神楽団用のヒアリングシートに。

園田哲也副団長から「旧舞・矢旗」の見方が詳しく解説してあり、とても参考になりました!

大!感謝です。カムサ (人-) ハムニダ―

矢旗を保持される団体をあまり耳にしないことから“矢旗と聞くと三谷神楽団”の印象を持つ方も多いと思います。

その分、他の団体の影響を受けることが少なく。

三谷神楽団の団員の、世代毎(ごと)の考えや、舞子の力、又、見て頂く人たちの中で進化を果たしてきた舞と、捉えられています。



上同じ“旧舞の鬼の舞”でも、塵倫との違いを感じてみましょ。


~プログラム7番 三谷神楽団 矢旗~

園田さんからの解説を、上演前にまとめてご紹介しました。

矢幡の注目ポイントを3つ。
1、独特の正行(口上、セリフ)。
2、勧善懲悪の分かりやすいストーリー。
3、鬼の出る「幕切り」の場面。

又、旧舞の中でメジャーな塵倫の舞とは、一味違うこと。

塵倫の重厚感のある舞と比べ、矢旗は軽やかだけど迫力のある舞に、2匹の鬼の合わせから、せりへと続いていきます。

旧舞は、基本的に場面転換(てんかん)が少ないため、舞手は一つ一つを丁寧に、奏楽はそれを見逃さないように、お互いが緊張感をもって舞台をつくっています。


誉田別命(白旗):渡 勇さん、従者(矢旗):園田哲也さん、
大魔王:森脇真悟さん、手下鬼:木下秀雄さん。

大太鼓:中川康弘さん、小太鼓:藤崎未来さん、
手討鉦:菊谷真沙志さん、笛:田辺瑞希さん。


三谷神楽団の皆さんは、敢闘賞を受賞されました。












| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.276228秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286169