7回大会の、とりです。
綾西神楽団 鍾馗

綾西の皆さんは、転換期にあるようです。

長い間、綾西神楽団を育ててくれた旧舞。

又、新舞との両立等、未来に向かって皆で話し合って。

この度は、しばらく舞っていなかった鍾馗を、阿須那系八調子の鍾馗として、復活披露しました。

演目としての位も高く、一神一鬼の緊迫感に溢れた鐘馗を選択したのは・・・

『個々の神楽への想いを、再認識することと、神楽団結束のためです。』



上四百四病の司が攻め入ってきました。



上二岐の十束剣。大蛇退治の際、天叢雲剣にあたり、欠けてしまったという伝承をもとに、オリジナルで作ったそうです。


又、昭和56年結成当時、道具も何もない時代に、伊賀和志神楽団から譲って頂いた、四天、水干、肩切。

永い年月眠っていた衣装を、須佐之男命、大疫神ともに身に付け、感謝を込めて舞いました。

およそ30年前に、綾西神楽団を助けてくれた衣装。

現団員の皆さん、生まれてない方も、多いでしょう・・・。

地域と年月を超えた、必然のご縁に力を頂きながらの上演でした。



上舞手同士が本気でぶつかり合う、スピード感ある、真剣勝負でした。


今回は、それぞれ神楽団、保存会の皆さんと少しずつお話が出来ました。

後日予定されている、反省会という名の飲み会??

飲み会の形をした反省会??

で、お逢いしましょう~にかっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260116秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3759032