伝心伝承。
ダイヤ11月は流星群の活動が活発ですダイヤ

すでに「おうし座南流星群」が活動しています。

この流星群は、おうし座の南北に別れて法放射点を持ち、南の極大日は、明日(6日)!

北の極大は13日(水)となります。

本来ならば、明日の明け方、空を眺めたいところですが。。。

雲の広がりが微妙なところですね。



上アストロアーツHPから。


しかし、このおうし座流星群は、活動が長い事が特徴です。

極大日から、それぞれ一週間前後は観測のチャンスとなります。

又、もともと火球出現に期待が集まる流星群ですが、特に今年は出現率の高さが予測されています。

安定はしていますが、一時間に数個という規模ですので、都合の良い日に気楽に眺めるのが良いかもしれません。

13日は新月で好条件となりますので、お天気と相談しながら、真冬の体制で観測してください。

18日はしし座流星群がやってきますが、これはまた、改めてパー


ダイヤそれでは芸石神楽競演大会ダイヤ

競演の部を締め括るのは、上河内神楽団の皆さんです。

小太鼓をつとめられた石川直樹さん、個人賞を受賞です!



上 鬼女の業を舞う。


~プログラム11番 上河内神楽団 紅葉狩~

「上河内の先輩方が戦後得意とされた演目で、現団員の皆さんにとっても特別な演目である。」紅葉狩のご紹介は、必ず先輩方への敬意が込められます。

又、故・佐々木順三氏から、当時、上河内神楽団へ割り振りされた演目が、紅葉狩だったという話が残っているそうです。

(但し、あくまで、神楽団の中で伝わる話だと、何度も念を押されました)

このお話からも、この演目は神楽団の宝であり。

上河内の皆さんが長きに渡って積んでこられた鍛錬の中に「一番磨かれた舞を、紅葉狩に持ってきている」とおっしゃるのも、共感できます。

もどかしさを感じるほど、その姿を露わにしない鬼女。

派手な演出はほとんどない中で、ゾクゾク血が騒ぐ紅葉狩です。


八幡大菩薩:政池眞二さん、平維茂:後藤 睦さん、
小松高正:河野 建さん、鬼女大王・鬼:石川啓介さん、
赤蜘蛛・鬼:藤田浩記さん、白蜘蛛:西田良也さん、
大王:戸田邦明さん。

大太鼓:河野達也さん、小太鼓:石川直樹さん、
手打鉦:藤田隆幸さん、笛:後藤優希さん。



































次はとうとう、最終演目。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.284001秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3339414