立ち返る。



月明日(8日)の夜は、皆既月食月

丁度良い時間帯で、しっかり見られそうです。

珍しい赤胴色の月を、温かくして鑑賞しましょう。

※皆既月食 太陽と月の間に地球が入り込み、地球の影で月が隠れること。

次の皆既月食は、2025年9月8日、およそ3年後です。

その頃、何していますかね~にこっ


18時過ぎ:部分色開始
19時16分:皆既状態スタート(およそ85分)
20時42分:皆既食終了
21時49分:部分色終了
22時57分:すっかり元通り。




上ウェザーニュースHPから。


ダイヤ神楽の公演が続きますダイヤ

目の中に鱗が何枚あるのかって感じで、感激も続きます。

今は写真を整理する時間がありませんが、ゆーーーーっくり更新していきますね。


今夜は、先週の広島神楽定期公演、中原神楽団の皆様のご紹介をします。



上手を繋いで労わりあう感じ。ほっこりしました。


齋藤栄一団長の「神楽を舞う喜び」いっぱいのご挨拶の後。

“瑞穂の国・日本”を感じる、八岐大蛇でした。

スサさんの力強い舞の、稲穂の米を零さない御幣と扇の舞に見惚れました。

手名椎さんの口上からは、水の大切さや米作りの苦労を想像し、櫛稲田姫さんがどれだけ大切な姫であるかを感じました。

大蛇の舞のどこをとっても、昔の暮らしや知恵が詰まっていますね!

3頭でゆったり舞われ、又、楽の皆さんの奏楽で見所が分かるので『来るぞ来るぞ~』と期待が高まっていく大蛇なのです。

やっぱり大蛇は面白いです。


中原神楽団の皆様は、11月19日(土)豊平そば祭りで八岐大蛇を舞われます。


~中原神楽団  八岐大蛇~

大太鼓:旨山秀男さん、小太鼓:柳谷敏男さん、
手打鉦:旨山健太さん、笛:上原正宜さん。

須佐之男命:齋藤栄一さん、手名椎:多川三友さん、
足名椎:鉄穴敬三さん、櫛稲田姫:多川孝之さん、
大蛇:竹丸真さん・多川純利さん、柴田裕星さん。





























ダイヤ今週の11月9日(水)広島神楽定期公演はダイヤ

あさひが丘神楽団の皆さんの「滝夜叉姫」です。

湯気が立つような公演になりそうですねにかっ

18時開場 19時開演

広島県民文化センター(082)245-2311

お待ちしています四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<前  2023年02月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.319511秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

5360581