独自を舞う。
ダイヤ何も理由はありませんがダイヤ

突然、火がついたように家の掃除をしています。

今日はキッチンがピカピカ星

この勢いがどこまで続くか~ 

( `・ㅂ・)و グッ




上夏鳥、キビタキがやってきた。キレイ!


ダイヤ第49回広島県神楽競演大会、終盤ですダイヤ

競演の部最終演目は、思い入れ深い天神です。

~上石神楽団 天神~

『上石神楽団の天神は長い間舞われていませんでした。

これを約30年前に、上石の脚本作成や奏楽の指導者であった「寺田さん」という方が、難しい口上を現代風に分かりやすく直し、様々な文献を参考にして台本を一新し復活したのです。

勧善懲悪の神楽とは少し趣が異なり、主人公が恨みを晴らすというストーリーは悲しく、何か神秘的で現代に通じるメッセージ性があります。

天神は独特な舞だと私たちは解釈しており、この独自の世界観を表現できるよう努めています。

見所のひとつは、幕をはさんだ道真と時平の歌の掛け合いです。

道真に返歌をする時平の正体が徐々に暴かれていく、雅ながら、血が騒ぐ見せ場です。

この歌の意味が分かると、より一層面白みが増します。

今日は台本に歌が掲載されていますので、ぜひ一緒にご覧ください。』


個人賞・楽の部 溝下龍二さん(大太鼓)おめでとうございました。


菅原道真:山本靖也さん、随身:石田昭光さん、
藤原時平:林 茂さん、伴大納言:溝下太介さん。

大太鼓:溝下龍二さん、小太鼓:溝下はるなさん、
手打鉦:下河内真子さん、笛:溝下沙希さん。






















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.264721秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3754491