糸切れ凧。
ダイヤ皆さま、如何お過ごしでしょうかダイヤ

例にもれず、私も3月の仕事が全キャンセルとなりました。

初挑戦など、とても楽しみにしていた仕事もあり、当初はショックでした。


しかし、せっかくですからね。

読みたかった本。

見たかった映画。

行きたかった場所。

逢いたかった人。

・・・・丁寧な家の掃除しょぼん

と、後回ししてきたものを、ひとつずつ叶えています。

まず、自分自身が心身ともに元気でいることが大事かな。


ちょうど春の入り口は、逢いたい鳥たちが多くて。

早起きして、日が暮れるまで山の中という日もあります。




上鳥たちの、愛の語りは賑やか。


一日も早くこの状況が改善し。

皆で笑いあって、新しいスタートが切れる日を心待ちにしています。

「元気があれば何でもできる!」本当にそうっにこっ


ダイヤでは、この混沌とした状態の終息を願ってダイヤ

神楽のご紹介を続けてまいります。

私のブログはまだ昨年の秋。

でも、マイペースでいきたいと思います。

振り返ってみて「そういう意味だったのか」と分かることもあるのよね。

今夜から「第71回 芸石神楽競演大会」を巻き巻き~っとな音符


~プログラム1 日吉神楽団 神降し~

今のこのご時世。

古来から無病息災を願って舞われてきた神楽の意味が、真に胸に刺さるような気がする。。。


さて、日吉神楽団の皆さんの儀式舞への想いを伺うと。

儀式舞は、神の御降臨を願い“神様に捧げる舞”であり。

他の演目は、神・人と“楽しみを分かち合う舞”である。

『儀式舞の役割をきちんと心に定め、一生懸命に、大会の幕開けを飾らせて頂きます。』


神:佐伯 翼さん。

大太鼓:小笠原勝宏さん、小太鼓:佐々木友裕さん、
手打鉦:権軒和広さん、笛:佐伯恵里加さん。








| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2021年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.24502秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

4050741