舞乃座にて。
ダイヤ早くも1月最後の週末になりますねダイヤ

今週の日曜日は、日本野鳥の会の総会が開かれます。

一般の方の参加が出来る広島城探鳥会と。

(お天気が気になるところではありますが汗

鳥見45年のベテラン会員さんの講演も行われます。

お話がとっても面白い方ですにかっ

新年に新しい何かを探されている方は、ぜひご参加ください音符

~広島城探鳥会~
1月26日(日)8時30分(売店周辺集合)
どなたでも参加できます。
参加費200円、双眼鏡の貸し出しもあります。

~講演会~
広島市中央公民館 3階 大集会室
講演会 講師 日比野政彦氏 13時45分~15時15分
演題 「八幡川とともに鳥見45年・写真でたどる支部創設時の思い出」

その後、同会場で懇親会を開きます。

※予約など必要ありません。お気軽にお越しください。



上トンボゲットのハクセキレイ。
身近な鳥の名前が分かれば、毎日の楽しみが増えますよ。



ダイヤさてとダイヤ

昨年末からご紹介を続けてきました

大都神楽団の20周年記念公演。

とうとう最終演目です!

振り返る作業は楽しかったなぁにこっ


怒涛の2日間4公演。

これまでお世話になった方々への感謝を精一杯の形にされ。

様々な挑戦に溢れた記念公演が終わりました。

すでに新生・大都神楽団として、21歳の歩みを進めておられます。


ご縁を頂いた土地、人々が栄えるよう願いを込めて“大都”。

その願いを胸に、石見の地で、そして石見の地から!ますます光り輝いていかれますように。

20周年誠におめでとうございました。


〇大都神楽団 20周年記念公演 森羅万象〇

~後編 夜の部 「象(しょう)」~

~最終演目 大都神楽団 土蜘~

8年前に初演を迎えられた、創作神楽です。

エンターテイメントとしての石見神楽を目指し、当時、大都神楽団のできること全てを詰め込みました。

この物語は、神楽の中では「土蜘蛛」「葛城山」というタイトルで妖艶な鬼女舞として知られますが。

大都の土蜘では、僧を登場させ原初的に舞われています。

8年間、常に磨きをかけてきた土蜘。

やっと最終形に近づいたとお話され。

たとえ派手な演出をしなくても、それぞれの役どころの個性で、情緒豊かに見せるシックな演目として成立するのではと、手応えを感じておられます。


源朝臣頼光:杉井公人さん、渡辺源氏綱:増谷玲佑さん、
碓井靭負之丞貞光:山下零慈さん、占部六郎季武:杉井琉河さん、
坂田主馬丞金時:惠木相丞さん、土蜘:惠木勇也さん。

大太鼓:山本大希さん、締太鼓:中垣光裕さん、
手拍子:大倉龍紅さん、笛:杉井理美さん。






上大都の土蜘で気持ちをひとつに。最高に好きな景色ですにかっ


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2021年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.264547秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

4050699