出逢う。


上広島市内の公園。まだまだ赤い。


ダイヤ忘年会シーズンに突入だよ~ダイヤ

食べすぎ注意だわ。

マルマル(○´)Д(`○)モリモリ


ダイヤ今週の広島神楽定期公演・旭神楽団の皆さん後半ですダイヤ



上花田舞太郎くんとのコラボダンスステージ。
「何でも楽しむ」が最強!と思いますにかっ




上砂田団長の全力ダンスを見せて頂きました。


幕間のお話は、砂田寿紀団長でした。

まずは神楽団のご紹介から。

この日会場には、初・神楽鑑賞のグループもいらっしゃいましたので、神楽団の紹介は大切なポイントですグー

砂田団長からは、1年を通して、団員さんたちとは、家族の次に一緒に過ごす時間が長いこと。

又、時には家族よりも親密な時間を過ごすことがある等。

神楽団という特殊な繋がりについてしっかりお話して頂きました。


続いて、今回の大江町の公演について振り返って頂くと。

神楽の物語の舞台の多くが、平安の都・京都であることに触れ。

『自分たちは“露祓い”のような気持でつとめさせてもらいました。これをご縁に、京都でも広島の神楽に注目してもらえたら。』と、神楽の広がりに期待を込められました。


旭神楽団の皆さんは、数年前は牛久市で滝夜叉姫も舞われていますよね。

神楽をしているからこその特別な体験は、語り尽くせませんね。。。


~第二幕 八岐大蛇~

腰の曲がったばあちゃんに「頑張れ~!」の声援が飛んでいました。

又、撮影会の際は、初めて神楽を観たというお客様から「大蛇は、顔は怖いけどフレンドリーで、楽しい舞でした!」と、興奮しながらの感想を頂きました。

実際に神楽を観て頂くのが一番!と改めて思いました。

旭の大蛇はいつも通り暴れん坊でしたが、撮影会では大人気。

最後の最後までご協力頂いて、本当に有難うございました。


大太鼓:砂田寿紀さん、小太鼓:竹盛英幸さん、
手打鉦:前田冬樹さん、笛:川手秀則さん。

武速須佐之男尊:菅田 淳さん、足名椎:箕田義光さん、
手名椎:隅中裕幸さん、奇稲田姫:小林大地さん、
大蛇:橋本一也さん・法地裕樹さん・石原大志さん・立川賢二さん。





























上酒呑童子の面をかぶらせていただきました。。。大きいっ!
左から砂田団長、酒呑童子(斉藤)、菅田淳さんの4S(フォーーエス)ショットざんす音符


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2021年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.26157秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3993010