神楽道、遥。
ダイヤ友人宅の庭にて収穫祭ダイヤ

柿に始まって、柚子、レモン、ミカン等々。。。

今年もたわわに実りました。

豊穣の庭を羨ましいと思ってみたり。

その手入れが大変だなーと思ったりにひひ




上重みある艶やかなレモン。


今朝は、部屋が柑橘の香りでいっぱいです。

いくつかの柚子は、カットして冷凍しました。

レモンの代わりに紅茶に入れる柚子ティーは、とても美味しいですよ。


ダイヤ今週の広島神楽定期公演安野神楽団・後半ですダイヤ

この公演が今年の舞い納めとなった、安野神楽団の皆さん。

幕間のお話は、沖野秋雄団長です。

今年は、様々な事情で団員さんの退団などが重なり。

気苦労も多い一年であったと伺いましたが。

『大変だったからこそ、周囲の皆さんの激励に希望を頂きました。人のあたたかみを本当に有難いと感じる貴重な1年でした。』と振り返られました。

そして『来年も頑張ります!』と力を込められました。


さて、この幕間では。

安野神楽団の希望の星となるお二人を、舞台でご紹介させて頂きました。

まずは4月に入団された、沖野団長の息子さん・高校1年生の沖野将希(まさき)さんです。

この定期公演では手打鉦と小太鼓をつとめ、父子共演。

沖野団長も感激一入だったでしょう四葉

将希さんは、一見物静かな雰囲気を持っておられますが。

『これから沢山練習していい音を出したい。一生神楽を続けます!』と、誓いのご挨拶で、会場の皆さんを熱くさせました。

お父さんの一生懸命な背中を、これまでどんな気持ちで見ていたか。。。胸がギュッとなるひとときでした。

毎朝、6時半に起きて広島市内の高校に通う将希くんは、頑張っています。

遥か彼方続く神楽道、大きく羽ばたかれますように!!




上左:沖野将希さん、中:伊田光希くん、
松本 樹さんは、児屋根命の顏真似中にかっ



次に、安野神楽団のアイドル、伊田光希(あき)くん6歳です。

毎年、神楽の里の子供たちを代表して定期公演に出演してくれています。

えびす様を舞うことが好きな光希くん。

何歳から神楽を舞っているか?聞いてみると。

『生まれた時から舞っています。』と大きな声で答えてくれました。

そうだね。

お腹の中にいた時から、母さんの笛の音を聞いていたし。

お母さんの目を通して、お父さんが舞う姿を感じていたのでしょう。

いつか神を舞ってみたいと願う光希くんは、お父さんの神を恰好良い!と絶賛。

お父さん・伊田光志さんを、一番のファンが傍で応援しています星


~第二幕 葛城山~



上英語の字幕スーパー付きでご覧いただきました。


久しぶりに拝見できる葛城山を楽しみにしていました。

今年、調子を整え直し、新しい葛城山が誕生しています。

先輩方の時代から舞われていた葛城山。

時代と共に必要な変化と、残していきたい舞の融合は大仕事ですね。

安野の葛城山にとって記念の年でもあります。


大太鼓:沖野秋雄さん、小太鼓:沖野将希さん、
手打鉦:岡田信昭さん、笛:伊田智世さん。

源頼光:松本 樹さん、碓井貞光:辰川和樹さん、
卜部季武:伊田光志さん、胡蝶:西川正典さん、
土蜘蛛の精魂:沖 正紀さん。































上無事に公演を終えられて。安野ファミリー集合で~すにこっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2021年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.262043秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3993175