面の下も。
ダイヤヒドリガモがやってきましたダイヤ

第一陣でしょうか。無事にたどり着いて良かった。

これからどんどんカモたちがやってきます。

春までよろしく~四葉



上沢山食べて、旅の疲れを癒して欲しい。
が、口から出ているの何だろう?



ダイヤ昨夜の広島神楽定期公演をご紹介しますダイヤ

久しぶりにご一緒しました、高井神楽団の皆さんです。

現在25名で活動されています。

中学生の団員さんが6~7名在籍し、この日は主に舞台裏を守っておられました。

奏楽や、時には舞子としてチャンスを掴み、舞台経験を重ねています。

切磋琢磨が生み出す覇気と時めきが、神楽団に満ちています。




上“悪”って人気者!


~第一幕 山姥~

3年前から舞い始めた、まだ新しい演目です。

山姥を演じるようになってから、他の演目の口上の捉え方も、より深くなったとお話されます。


さて、山姥を舞われる塚本修久さんは高井神楽団を代表する鬼女を舞ってこられました。

最近では面を被った役ばかりにひひとユーモアを交えながら。

『自分も子供がいるので、山姥の親心はよく分かる。これを舞いに滲ませていきたい。』

『幼なさを残す怪童丸の母なら、まだ年齢も比較的若いのではないかというイメージを持っています。
世を恨み、疲れ、荒れた生活に老けた姿かもしれないが、母の中に女を残す舞を心掛けています。』と、山姥への想いを語られます。

舞えば舞う程に、その役への愛情が大きくなっていくのでしょうね。。。


大太鼓:明石頼範さん、小太鼓:山地博之さん、
手打鉦:柿崎直昭さん、笛:比良真紀子さん。

山姥:塚本修久さん、怪童丸:佐々木尚大さん、
源頼光:高松一真さん、渡辺綱:畝岡祐作さん。


※幕間の打ち合わせで、間がほとんど撮れていません。
雰囲気を見てくださいね~。































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236022秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298323