揃う。
ダイヤ今夜はカープが勝った~ダイヤ

(●´ω`●) フー

永川勝浩投手もいよいよ引退。

長い間一喜一憂させてもらって、忘れられない選手のひとりですにこっ


ダイヤ今夜も前回の広島神楽定期公演からダイヤ

今田神楽団の皆さん続きます。

幕間のお話は、塵倫の手下から渡辺綱への早着替えを完了した、森廣 洋団長です。(急がせてしまってすみません。)

今田神楽団の皆さんは、この5月にも出演を頂きました。

日本武尊を舞われた後の会場の拍手喝采グー私もまだまだ鮮明に覚えています。


さて、今田神楽団の紹介では、福山や府中町から通う団員さんのご紹介があり。

この団員さんの頑張りが、他の団員さんのモチベーションとエネルギーとなって、現在の今田神楽団を動かしているとお話されました。

加えて、熱心さや“神楽が好き”という気持ちが、何より技術を向上させること。

うっかりしていると、自分の役所を奪い取られてしまいそうな、神楽団内の切磋琢磨をユニークに語られました。

因みに、傘売り善兵衛を舞う香浦匠汰さんは『絶対にこの役を譲らない』と舞台で誓っておられました。

あれは、森廣団長さんへの宣戦布告ですねにひひ


また、秋の奉納シーズンを控えて、今田神楽団では「八幡」に新たに取り組んでおられます。

各地の八幡神社奉納をつとめるにあたり、地元の方から「なぜ八幡神社で八幡を舞わないのか?」と聞かれたことがあるそうで。

この要望に応えるため、この秋に向けて準備をされてきました。

本来の神楽の願いや秋祭りの趣旨を、氏子の皆さんと分かち合う、とても大切なことですね。。。


今田神楽団の皆さんは、11月3日(日)府中かっぽ町民まつりに出演されます。

そして地まつり(千代田地区一斉)は、10月26(土)春木神楽団の皆さんと合同で八重総合センターです。



~第二幕 戻り橋~

以前舞っておられ、次第に舞われなくなっていた戻り橋を。

昨年、10数年ぶりに復活されました。

もともとは、酒呑童子と茨木童子のふたつの鬼を出してきましたが。

復活に際しては、団員さんの人数が足りず茨木童子ひとつの構成となりました。

しかし今回の定期公演から酒呑童子が蘇り!いよいよ今田神楽団本来の戻り橋が帰ってきたのです。

酒呑童子という存在の大きさ、華やかさと感じると共に。

古くて新しい戻り橋を舞う、誇らしさを感じました。


大太鼓:大野真司さん、小太鼓:冨田里絵さん、
手打鉦:岡田真歩さん、笛:岡田真季さん。

渡辺綱:森廣 洋さん。坂田金時:庭尾智樹さん、
酒呑童子:上中寛輝さん、茨木童子:山本諒平さん、
茨木童子の化身:冨田雄太さん、傘売り善兵衛:香浦匠汰さん。



































上傘売り善兵衛の面をかぶらせてもらいました。森廣洋団長(左)と香浦匠汰さん、今田のチャリを奪い合うお二人音符
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2021年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.241425秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3993203