鳥まみれ。
ダイヤまた台風が。。。翻弄されますねダイヤ

しかも3連休にやってくる憎らしさ。

皆さま、3連休の予定は如何でしょうか。

くれぐれも安全第一ですよっ。


ダイヤでは、米海軍がついにUAPを認めたところでダイヤ

鳥のお話をしまーすにひひ

先週の3連休は、野鳥の会の先輩と『女4人、佐賀・長崎鳥見の旅』

季節は秋の渡りの頃。

普段会えないような鳥たちが、数千キロの旅の途中に日本各地に立ち寄るのです。


今回の目的は2つ。

長崎・佐世保で、アカハラダカの渡りの観察。

佐賀・有明海で、数千羽のシギ・チドリと出合うことです。

鞄の中は、カメラと双眼鏡、椅子と長靴。。。重い重い汗

広島を朝6時44分発のさくらに乗車し、野鳥図鑑で予習しながら博多まで向かいました。




上博多からは新快速で佐賀・鳥栖まで。
明るい車内に、刺繍の布張りの美しい内装でした。



〇まずは佐世保の烏帽子岳(568メートル)〇

ここはアカハラダカ(鳩くらいの大きさで小型のタカ)の渡り観察のメッカで、全国からバーダーさんが集まっています。

アカハラダカは、夏に朝鮮半島や中国で繁殖し、越冬のためフィリピン以南の東南アジア各地へと渡ります。




上ほうほう、なるほど。



上朝日が昇ってきました。アカハラダカはまだ飛ばない。



上皆さん全国の鳥情報を交換中。カメラの機材がとにかくすごいぎょ


私はタカの渡りの観察は初めてでしたが。

ビギナーズラックかな?大当たりとなり。

前日0羽に対し、この日はおよそ7000羽。

1日半の滞在で、10000羽近くの渡りがありました。。

(全てを自分の目で見たわけではありません)。

上昇気流をとらえるために、竜巻状に上空にのぼっていく「タカ柱」は。

鳥肌が立つほど素晴らしかったです。




上数百羽のタカ柱。羽がキラキラと輝いてキレイでした。
真上で、ちゃんと撮れませんダッシュ



タカ柱を見ていると、龍などの伝説上の生き物は、実際リアルな生き物の集団がもとになっているかな、と感じます。

遠くの空から押し寄せるように飛んでくるアカハラダカを見て。

歓声をあげながら、見上げる空はドラマチックでした。

野鳥の会の佐賀、長崎支部の皆さんの情熱にも刺激を受けて。

行って良かったなぁと思います。

誘ってもらって大感謝四葉

ただ近年、様々な原因によってタカも数が減少しています。

あのひとつひとつの命が、無事に海を渡ってくれるよう祈っています。




上一羽の子もちらほら。大型のタカに追われている子もいてハラハラしました。



上ハチクマも渡っています。


〇そして佐賀、有明海・東よか干潟〇

満潮時間に合わせ朝4時起きで支度。

朝いちばん、佐賀平野のみに留鳥として生息し、天然記念物となっているカササギ(最近では福岡・長崎でも生息しているらしい)に逢えました。



上朝月とカササギ。


さて、東よか干潟。

日本で一番、シギ、チドリの渡来数が多いバーダーの聖地だそうです。

シギやチドリは、夏季にシベリアやアラスカ等で繁殖し、冬季はオーストラリアやニュージーランドなどで越冬します。

その旅の途中で休憩&栄養補給するのが、ここ。

広いのでカウントはとてもできませんが、数千羽だそうです。

この干潟に住むムツゴロウやカニ等々にとっては災難ですね~。

いや~ほんとスケールが大きくて、圧倒されてワケ分からんかったにかっ

長靴で長時間歩いて、足も死にました。




上鳴き声も可愛い。



上何漁でしょう?



上泥の中を一歩歩くと、びっくりするほどムツゴロウが飛び出してきます。



上アオアシシギ。



上アカアシシギ(左)とダイゼン。



上オオソリハシシギと後ろはダイゼン。



上ごちゃごちゃ、い~ろいろ音符


今日のブログを最後まで読んでくれたあなたは!

間違いなく鳥好きですね
にかっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2021年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.285577秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3992966