昇華。
ダイヤ「ゴジラ キングオブモンスターズ」を見てきましたダイヤ

ドンガラガッシャ~ン、ドッカーンのバリバリバリ~ですよ。

やっぱり怪獣ものは映画館ですねにかっ

ゴジラの雄叫びは「あー、これこれ」って痺れます。

今回は、特にモスラが良かったな。

“夏のふさふさしていて飛ぶタイプ”が苦手な方も如何ですか?

ちなみに私が行った時間帯は、お客さんが4人しかいませんでした。


ダイヤ昨夜は広島神楽定期公演ダイヤ

あさひが丘神楽団の皆さんでした。

“誠心誠意”の舞でお客さんを魅了しておられました。

来週ご紹介いたしますね。



上昨夜の紅葉狩から。


ではではいつもの巻き巻き

今週末21日(日)の広島市島根交流神楽を前に。

5月に開催された同公演の「新元号をお祝いして 平成生まれの神楽団・社中」の回をご紹介します。

新しい元号を迎えるにあたり、三十一年続いた平成の時代に誕生し、今や島根・広島を神楽代表する神楽団・社中の皆さんの共演です。

結成当初、いずれの神楽団・社中も、衣裳も道具もないゼロからのスタートだったに違いありません。

大変だった時期を支えてくれたのは、「神楽道」を教えてくださり、大事な衣装を貸してくれた先輩神楽団、応援してくださる神楽ファン、活動を理解してくれた家族でした。

自分たちの新しい伝統を創っていくために、先輩神楽団の神楽道を学び、稽古や公演を重ねるたびに力をつけ、衣裳・道具を揃え、舞える演目が増えていき、同じ志を持つ仲間が集まってきました。

結成当初、年間公演が数回でしたが、気が付けば、現在は数十回となったのです。

(一部抜粋 文:石井誠治さん)


~第一幕 飯南神楽団 大江山~

この度初めて飯南神楽団の皆さんをお迎えすることができました。ありがとうございました。

平成17年に、地元で子供神楽の経験を持つメンバーが中心となり同好会として結成。

人のご縁や繋がりから、雲南エリアでは珍しい芸北神楽を師事されました。


石飛康則団長と打ち合わせの際、どんな十数年だったかを伺うと。

一筋の涙となりました。

その後、幕前でのご挨拶でも「いろいろありました。。。」と、やはり言葉より先に涙となりました。

語るに余るほど本当に色々あっただろうな、と想像します。


結成から14年。

令和元年5月、現メンバー17名で、こうして活き活きと活動されていることが全て!


「十八番演目や大切にされている演目」を伺ってみると。

「どの演目も同じように大切、どれも自分たちにとっては特別。」

と、お答えになったのが印象的です。

昨年は地元に伝わる、平家に纏わる伝説を神楽化した「程原入道(ほどはらにゅうどう)」を創作・発表されています。

拝見できる日が楽しみです四葉


源頼光:藤井真二さん、渡辺綱:小松洋司さん、
坂田金時:中野愛翔さん、酒呑童子:田部 浩さん、
茨木童子:門脇勇輝さん、唐熊童子:藤原翔太さん、
紅葉姫:三宅修平さん。

大太鼓:石飛康則さん、小太鼓:三上大輔さん、
手打鉦:田部柚季さん、笛:大島佐奈江さん。
































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前  2020年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.244246秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3867106