雨でも晴れ晴れ。
ダイヤ先日、初めてちゃんと見たコシアカツバメ。ダイヤ

腰が赤褐色なので「腰赤燕」。

レアという程ではありませんが、見ようと思ってすぐ見つかるツバメでもありません。

近くで見られて、嬉しかったにこっ


野鳥の会の先輩方は、空高く舞うツバメを見て種類を識別するという超能力をお持ちで。

大きさや尾の形等、シルエットで見分けるそうですが。

私はまだ飛んでいるツバメは全部同じに見えます。

でも巣や電線にとまってくれたら、3種だけ分かる・・・かな・・・

夏限定の可愛いツバメたち、見飽きません。




上ヒナの顔見えた。食べても食べてもおなかぺこぺこ。
トックリ型の巣を作るので「とっくりツバメ」とも呼ばれます。




上お父さんかお母さんが一休み。お疲れ様。


ダイヤ昨夜は、広島神楽定期公演ダイヤ

雨の中ご来場ありがとうございました。

今年15回目の定期公演でした(まだまだ24公演ありますよん)。


会場のお客様の手拍子で舞う2演目。

心から楽しんでおられましたねにかっ

体が動いてしまう程、集中してご覧になっていたみたいです。

広島市内の中心部。こういった神楽の見方もあるんだなぁと。。。

特に海外のお客様は、ストレートにダイナミックな表現で神楽を楽しまれます。

神楽は奉ずるだけでなく。

演劇性や音楽性、文学性等など、本当に懐深い芸能なのですね。


~第一幕 黒塚~

めつちゃめちゃ楽しみにしていました。

剛力さんの、飄々と見えておちゃめな感じが好きだー星


現在も保持される「山伏」「三浦」を、競演で舞うために整え直されたのがこの「黒塚」です。

以前は「悪狐退治」と呼んでいましたが、およそ15年前に「黒塚」に変えられました。

黒塚と言えば石見と同じだろうと、うっかり思い込んでいましたが。

そこはやはり“筏津神楽団の”黒塚なのです。


大太鼓:今田 修さん、小太鼓:水口一真さん、
手打鉦:田中陽菜(はるな)さん、笛:大上顕男さん。

阿闍梨祐慶:堀内一生さん、剛力:吉岡秀樹さん、
金毛九尾狐の化身:前河伸弥さん、三浦ノ介:今岡友康さん、
上総ノ介:今田拓也さん、金毛九尾狐:水口貴大さん。






























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前  2020年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.240414秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3867157