開催される喜び。
太陽晴れるとホッとしますね太陽

・・・ゆっくり鳥見に行きたいな~

1月は、鳥を追いかけまくる予定です。



上特別可愛いジョウビタキ(♀)。この冬まだ姿を見ていません。


ダイヤでは今日からダイヤ

季節を巻き巻きして、第43回豊平神楽競演大会のご紹介をしていきます。

この日、そばの花が満開でしたが、もうすっかり美味しいお蕎麦になりましたねにぱっ


さて、今年も。

神楽団の舞台の白熱は素晴らしく!緊張と興奮を分けてもらいましたグー

この舞台上で繰り広げられる真剣勝負はもちろんですが。

ここ数年、地域開催の競演大会が存続へ向けて試行錯誤を繰り返す中。

主催者の皆さんの真剣勝負は、企画準備の段階から始まっていて。

1年1年、開催できる喜びと使命を、傍らでひしひしと感じています。


地域の皆さんに見守って頂きながら。

神楽を通して泣いたり笑ったりするかけがえのない大会。

例え、形を変えながらでも、来年も再来年も続いていきますように。


ではこの度も神楽団の皆さんにあらかじめ頂いた「熱いメッセージ」を合わせてご紹介させてもらいます。


~プログラム1番 琴庄神楽団 神迎え~

今日の神迎えは、奏楽・舞人共に、思い切り若いメンバーで臨みます。

昨今、派手な神楽に憧れが集まる中、儀式舞は、落ち着いた本来の神楽の魅力と重要性を教えてくれます。

暮らしの中に宿る、八百万の神々と先祖の魂を神楽殿にお迎えする儀式舞。

緊張感の中に皆様が引き込まれるよう、一生懸命舞わせて頂きます。


舞人:菊本 凌さん・沖田将之さん・石田 成さん・菊本竜乃心さん。

大太鼓:東 成憲さん、小太鼓:大田 守さん、
手打鉦:崎内結佑さん、笛:沖田奈々さん。













~プログラム2番 戸谷神楽団 鈴鹿山~

戸谷神楽団には賊舞が少ないことから、昨年、新演目として取組み力を注いできた鈴鹿山です。

三人の賊の掛け合い、そして賊舞の奏楽にこだわって、戸谷の鈴鹿山の特色を出しています。

又本日、手打ち鉦をつとめる水野功樹くんは新入団員で、初舞台を迎えました!

どうぞ末永くよろしくお願いいたします。


大太鼓:山本圭介さん、小太鼓:奥迫光洋さん、
手打鉦:水野功樹さん、笛:吉野剛二さん。

坂上田村麻呂:上田慎也さん、和田翁:上田 裕さん、
あやめ姫:藤堂幸男さん、犬神丸:若狭義文さん、
手下鬼:下田宏大さん、夜叉丸:仲野敦史さん。























続いていきマウスねずみ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236655秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297782