1年の実り。


上月齢14。月の凸凹が一番目立つ頃。
今年最後の満月は23日(日・祝)。



ダイヤ今夜はふたご座流星群ダイヤ

極大は21時頃ということですが、雲が多いな~。

この流星群は比較的安定していて、条件がよければ1時間に40個程度の出現が期待されます。

夜明けまでチャンスがありますが、何と言っても寒いので外へ出る時は気を付けましょうね




上国立天文台HPから。


ダイヤ広島神楽定期公演・大森神楽団の皆さん続きますダイヤ

幕間のお話は、加藤 塁副団長です。

舞台に進まれると、待っていました!の拍手を受けて。

舞台を朗らかに彩るいつもの存在感を発揮されていました。


この日が舞納めだった大森神楽団の皆さん。

加藤さんはこの1年を振り返り、ベテランの出番がほとんどないほど、若手団員さんが率先して頑張ってくれたことに触れ。

「若いもんを、ちーと褒めちゃろうかのにひひ」と、控えめにお話されました。


現在、地元・湯来の団員さんは少なく、近隣から仕事・学校終わりで湯来まで練習に通う方が多いそうです。

この熱心さが、年間40近くにものぼる公演を無事に、盛況につとめる鍵ですね。

やっぱり「好き」が一番強いグー

来年に向かっては、まだ具体的な動きなどは決めていませんが。

「皆でもうひとつ上のレベルまで持って行く」と、心技一体を掲げておられます。




上大森神楽団、5代目滝夜叉姫を舞われるのは松本智幸さん。


~第二幕 滝夜叉姫~

滝夜叉姫にも、試行錯誤が色々ありますが。

この日舞われた滝夜叉姫は、大森神楽団の「基本となる滝夜叉姫」。

およそ20年前、山代マスターのお父さんが創作されたころの舞です。

シンプルな構成に、太い舞。

舞子同士息を合わせ、奏楽と息を合わせ。。。

“一体感”の素晴らしさを改めて思う滝夜叉姫でした。


大太鼓:吉政友也さん、小太鼓:赤井優太郎さん、
手打鉦:森泉侑子さん、笛:佐上季恵さん。

大宅中将光圀:児玉崇志さん、下田義近:菊川勇樹さん、
五月姫(滝夜叉姫):松本智幸さん、夜叉丸:田川夢翔さん、
蜘蛛丸:佐上友貴さん。
































上鵺の面をかぶらせてもらいました。最高に笑っているように見えます。加藤さんのお化粧ののりは、今日も良さそうですにかっ

左上から:本西満明団長、吉政友也さん、鵺、加藤塁副団長。
左から:佐上友貴さん、川本日菜子さん、森泉侑子さん。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.245599秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289766