心を舞う。
ダイヤ眩しい西陽の中でダイヤ

ホシゴイさんを見つけました。




独特の佇まい。

ホシゴイはゴイサギの幼鳥です。

体の白斑点が星のように見えるので、ホシゴイ。

おじいちゃんみたいだけど、まだ子供です。

大人になると藍と白の艶やかな姿に変わり、ゴイサギと呼ばれます。

いつもの景色に目を凝らすと、摩訶不思議な自然の暮らしが見えますね。


ダイヤ前回の広島神楽定期公演ダイヤ

今田神楽団の皆さんご紹介します。



上開演前のデモンストレーション。戸隠山の鬼たちのおもてなしが始まります。皆さま、食べられないように星


この度今田神楽団の皆さんは、今年度2回目の出演でした。

(。-人-。)アリガタヤー


さて、私の開演1分前の恒例行事。

いつものように誰かに気合を入れてもらおうと。

音響席に座っておられた真倉仁司さんに「背中をバシッとお願いします!」とお願いしたところ。

「じゃあ、手加減なしでいくね~にこっ」と笑顔で言われ。

その通りに、かつてないほどの勢いで“ばっしーんっ”と。

あー目が覚めた。

お陰様で集中できましたよ~。

ずっと背中がじんじんしておりましたがにくきゅう


~第一幕 山姥~

初演からまだ3~4年しか経たない山姥ですが、拝見する機会も多く、今田神楽団の得意演目と育てられているように感じます。

この短い間にも世代交代をすでに果たし、将来的には、誰でもどんな舞台でも舞えるようにと、団員さんの中で幅を広げることを課題とされています。

『母親になった経験はないですがにひひ自分なりに山姥の心と口上に向き合っている。』とおっしゃる森廣 洋さんのお話に、神楽人の醍醐味を想像します。


大太鼓:大野真司さん、小太鼓:坂野 志さん、
手打鉦:岡田真歩さん、笛:岡田真季さん。

源頼光:香浦匠汰さん、渡辺綱:庭尾智樹さん、
山姥:森廣 洋さん、怪童丸:山本諒平さん。



























明日の広島神楽定期公演は

初登場、才乙旭神楽団の皆さんをお迎えします。

「神武」「鍾馗」です。

これは“染まりそう”ですね~音符

11月7日(水)18時開場 19時開演
広島県民文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前  2018年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.219482秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2721432