蛇胴は語る。
ダイヤW台風だって・・・ダイヤ

一体今年はどうなっているのでしょうダッシュ

何はともあれ、細心のご注意を!


ダイヤ明日の広島神楽定期公演はダイヤ

吉田神楽団の皆さんです。

「滝夜叉姫」「紅葉狩」の鬼女舞をふたつというドラマチック版です。

美女で鬼女な舞で晩夏の勢いを付けましょう四葉

8月22日(水)18時開場 19時開演
広島県民文化センター(082)245ー2311




上昨年の広島神楽定期公演から、吉田神楽団・滝夜叉姫


ダイヤところでダイヤ

その広島県民文化センターのスタッフの方が。

水曜日の定期公演を、Facebookで毎週レポートと共に写真掲載で紹介されています。

後方から熱心に鑑賞されていて、写真の数も多く雰囲気がよく分かりますのでぜひご覧になってください。

県民文化センターのFacebookですので、もちろん神楽の記事ばかりではありませんが、木曜日の午前中を目安にUPされていますよ。

広島県民文化センターFacebook下

https://ja-jp.facebook.com/rijyoukaikan/


ダイヤでは今日から初夏に戻りましてダイヤ

壬生の花田植 無形文化財まつりの、神楽会場の様子をご紹介します。

毎年、各方面からのお客様でめちゃめちゃ賑わいますので(しかもスタッフ少ないし汗

私もロビーと舞台袖を、走って、行ったり来たり忙しくしています。

・・・とか言いながら、結構写真撮れていましたにひひ

神楽団の皆さんへ、お話は伺えていませんが。

はぁはぁ(*´Д`)言いながら撮った写真を、見てね~っ




上思い返せば、飾り牛も目を空けられないほどの眩しい青空の日だった・・・


~第一幕 山王神楽団 八岐大蛇~

ちょうどこの日曜に広島交響楽団とのコラボを拝見したばかりです。

「破壊と恵みの神・大蛇」を描くステージでは、普段の神楽の中には見られない動きも沢山ありました。

カーテンコールで大蛇がペコリと頭を下げた時はキュンキュンだったlove

『宮に帰ってから反省やら打ち上げやら、よぅ呑んだよ~にこっ』と伺いましたが。

ゴールの夜の乾杯は、本当に格別だったでしょうね!


さて、花田植の日。

初めて神楽をご覧になる方に、まず見て頂きたい演目は、やはり「八岐大蛇」。

中国山地の美しさ、大自然に対する畏敬の念。

そして、この約17メートルの蛇胴を自在に操る神楽人たち。

伝統芸能者の集団である神楽団が、今の時代に活躍していることを知って頂きたいです。


須佐之男命:前 翔太さん、足名椎:藤井英昌さん、
手名椎:山村真理さん、奇稲田姫:増野夏海さん、
大蛇:※当日諸事情により配役明記なし。すみません。

大太鼓:中川克也さん、小太鼓:井上 亮さん、
手打鉦:森藤大輝さん、笛:川本喜美代さん。




上足名椎と手名椎の息の合った空中パフォーマンスは、山王の伝統伎。


















続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.23851秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296525