末永く。
太陽さすが夏日、今日は暑かった~太陽

今年初のかき氷は、ふわふわマンゴーでした音符




ダイヤ中盤戦に差し掛かかりましたダイヤ

「第12回 あさきた神楽発表会」まいりましょー。

宮乃木神楽団の皆さんの寿永の乱です。


新作でもあり、注目を集めました。

神楽ファンの情報交換は凄いものがありますが、やはり少しでも早く自分の目で見たいですよねっにぱっ


新作の誕生を舞台で見るたびに、心から感心するのは。

神楽団という集団の才知。

そして、この地方の神楽の懐の深さです。

宇宙の哲学と共にある先人たちの神楽と同じように。

新しい演目も、この先長きに渡ってリレーされていく夢を宿しています。


~プログラム5番 宮乃木神楽団 寿永の乱~

源氏と平氏の、一の谷・屋島・壇ノ浦の3つの合戦が一つの演目の中で舞われますから。

見せどころも大道具も多く、限られた時間で魅せるスピード感も必要とされます。

今回1時間近い上演時間は、本当にあっという間。

一球入魂ならぬ“一場面入魂”を感じるからでしょうか。


私は、二位の尼時子お付きの、良子の役が好きです。

壇ノ浦に沈んだ平氏の無念は、今もそこを彷徨っているのかな。

良子もまだそこにいるのかな。。。とか、悲しくてキュンとしますよ。


源九郎義経:中村悠哉さん、武蔵坊弁慶:中本雄己さん、
那須野与一:佐々木恵太朗さん、平知盛:田村和也さん、
平教盛:山本貴範さん、平教経:中村直哉さん、
安徳天皇:半田蓮介さん、二位の尼時子:半田 徹さん、
良子:岡本健太さん。

大太鼓:佐々木崇志さん、小太鼓:山口 薫さん、
手打鉦:山口莉奈さん、笛:佐藤雄治さん。












上この背景幕は、杉藪裕也さん(面師、宮崎神楽団)が書かれたものだそうです。フレッシュな才腕 も寄り添っているんですねぇ。


















宮乃木神楽団の皆さんは、明後日24日(日)アステールプラザの『神楽が語る日本の歴史』で寿永の乱を舞われます。

当日券も用意されますが、明後日ですのでお早めに~。



アステールプラザ神楽鑑賞会
―神楽が語る 日本の歴史―


6月24日(日)12時開場 13時開演

~プログラム~
天の岩戸  宮乃木神楽団
瀧夜叉姫  中川戸神楽団
寿永の乱  宮乃木神楽団
板蓋宮   中川戸神楽団
 
※ホール内は写真・ビデオ撮影は禁止となります。      
全席指定席:1階席 3000円 2階席 2000円
 
問:0826-72-5307(ひろしま神楽鑑賞委員会)
082-244-8000(アステールプラザ)

※あさきた神楽発表会の後半の様子は、来週ご紹介します。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265566秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289126