必然。
ダイヤ今夜は広島神楽定期公演ダイヤ

ご来場ありがとうございました。

見ましたよ~吉和の勇壮な神の舞を音符

そして6頭立の予定から、急遽8頭立てとなった盛大な大蛇!

能島文範団長がおっしゃるには『なんとか8頭にならんかの~と思うてにこっ

平日に8頭へのお心遣い、感謝致します。

今頃は皆さん吉和に帰られて、いつの様に賑やかに呑んでおられるのでは??

今日の様子はまた改めて~。




上大町さんは頭が“直”なので大蛇に噛まれると特に痛いそうですにひひ


ダイヤそりではダイヤ

初夏に向かう今日この頃。

私もやっと!コタツを片付けたところで。

2月に開催された「~神楽作家 石丸賢太郎の世界 パートⅡ」をご紹介してまいります。


パートⅠから、およそ5年ぶりの開催。

この変化の時代の5年は、長いですよ!

石丸さん、お客さま、神楽団の皆さん、スタッフそれぞれが。

変わったことがあり、変わらないことがあり、何だかんだ言いながらここに集えることも素晴らしく、嬉しい会でしたグー


さて、吉田に生まれ、お母様の生まれが高宮と言う石丸さんは。

幼少のころから、神楽大好きなおじい様の影響で自然に神楽に慣れ親しみ。

神楽団員という経験を経て、ある日「書く」という役割を担うこととなりました。

伺ってみると、いきなり台本作家というスタートではなく。

初めは口上の一部の手直しから始まり。

次は神楽団の構成の下で、ほぼ決められた内容を脚本に直す等、段階を踏みながらの修行時代もあり。

およそ15年前に、ひととおり最後まで仕上げた初めての演目は「土蜘蛛」でした。

その土蜘蛛が舞台で演じられるのを見た時の気持ちは・・・

“夢のような”とか“感激”とかそういったものではなく、とても現実的なものだったそうです。


神楽への追及が終わりがないというように、作家さんも又、パーフェクトがなく。

自分の子供とも呼べる作品を、神楽団に託し育ててもらう喜びや、葛藤に生きる役割だと感じました。




上牛御前の始まりは官女・須崎が牛御前を抱き彷徨う切ないシーン。


~第一幕 あさひが丘神楽団 牛御前~

古典や浄瑠璃・各地に残る妖怪伝説など、牛鬼や牛御前の話は数えきれないほど様々に語り継がれています。

実は石丸さんはかなり以前から牛鬼に注目し「神楽として成り立つのでは」と台本を書き進められていましたが。

結末だけが書けないまま、未完成状態でした。

どんな文献・資料にも、牛鬼の最後を記したものが見つからなかったためです。


しかし数年後、運命の日。

あさひが丘神楽団の小田徹也さんから『石丸君、牛鬼って知っとる?』と突然聞かれるのです。

すっごいミラクル星

ここから、小田さんとの話尽くしの中で「あさひが丘の牛御前」が誕生しました。


“鬼殺し”と名を持つ圧倒的なヒーロー・源頼光の、一人の人間性を描きながら物語は進んでいきます。


牛御前:小田徹也さん、源頼光:藤本靖浩さん、
坂田金時:山田悠人さん、牛鬼:古岡和芳さん、
八幡大菩薩:山本弘貴さん、官女須崎:吉田裕大さん、
源満仲:石橋一樹さん。

大太鼓:下田敏則さん、小太鼓:安部憂大さん、
手打鉦:山本成希さん、笛:山本美波さん。































続いていくよ~ん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2018年05月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.26529秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2531238