日々戦う相手。
ダイヤ今日は娘の専門学校の入学式でしたダイヤ

スーツにハイヒールで出かける後ろ姿を頼もしく見送りました。

18歳だし、もう親の出番はないと思っていましたが。

最近では“最後の入学式”という考え方で、大学の入学式等も保護者の出席が増えているようですね。

卒業式には行こうかなにこっ


それにしても、今日の雨には影響を受けた方も多かったでしょう。

しばらく寒そうなので風邪に気を付けましょう四葉




上KALDIで見つけました。可愛くて食べられん。


ダイヤ「第4回 十二神祇神楽大会」ダイヤ

終盤に入ってきました~。


~第十幕 三鬼 山代白羽神楽保存会 北中山子ども神楽団~

前回拝見した際に「なんて面白い神楽ぎょ」と本当に感動して。

今回もとても楽しみにしていました。


人の心に湧く欲望を鬼に例え、その鬼の手強さに悩まされながら。

希望と意欲を持って、なんとか目標を達成することが出来る。

しかし、人の心に欲望や怠け心は決して無くならないのですね。

目に見えないものを舞うんですよねぇ、神楽は。。。

なんと人間らしい、しみじみとよく出来ている(何度も言っていますが)天蓋の下で舞うにふさわしい神楽だな~と感心しりきなのです。


加えて、子供たちの可愛らしさと愛嬌は抜群です。

北中山子ども神楽は、現在5歳から14歳の13名の子供たちが山代白羽神楽保存会の皆さんから指導を受けています。

衣装の一部は手作り等、保護者や地元の皆さんの協力の中でスクスク育つ子供たち。

神楽の原点を見るような気がします。


〇流れ〇
ある目標を達成しようとする大夫と、その心の闇に隠れた欲望が争うという悪魔払いの舞。
目標を達成する途中、様々な誘惑にかられ、一時的な快楽を求めてしまう気持ちを鬼に例える。
大夫はその欲望である鬼と戦い、最後には打ち勝つことが出来る。
その後は、より強い思いを持ち目標を叶えることが出来るという、人間の心の問答を神楽化したもの。
目標となる的を月に例えたり、取り組もうとする意欲を弓に見立てるなどそれぞれに意味深い意味合いが込められている。

今回は、山代白羽神楽の伝承の舞に一味加え、北中山子供神楽も出演し、可愛らしさや子供神楽ならではの表情をご覧ください。




上下心の中に棲む悪魔たち。まるで自分のことのように見えてきます。





上ひとつひとつと向き合って戦い始めます。



上ここでは大夫の勝ち。強い意志の勝利でしょう。



上欲の復活です。ちょっとやそっとでは無くならないのです。



上奏楽は山代白羽神楽保存会の皆さん。大人子供一丸となってひとつの舞台、和やかです。



上意欲という名の弓で、欲望を成敗しようと思いますが、大きな鬼(悪魔)がこれを阻止。
大鬼小鬼の演目にこのあたりの雰囲気が似ていますね。




上矢で射らちゃった・・・。悪魔が必死に助けようとするので情が湧いてきますにひひ



上傷ついたひとつの鬼を皆で抱えて、ひとまず退散。そして又いつ復活するか分からない。絶妙!



上下会場を巻き込みながら、いよいよ悪魔との決戦。










上十二神祇の後継者として、熱い期待が降り注ぐ子供たちです。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2018年07月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.246449秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2596333