『たにじゅうごう』ですからー☆
ダイヤまたまた寒くなるみたいですねダイヤ

明日からのお出かけは暖かくしましょう。

インフル人口もますます増加ですね、怖いっダッシュ



上可愛らしさから“天使”と人気の「エナガ」。
日本で2番目に小さい鳥で、重さも8グラム(小麦粉おおさじ1杯分)しかありません。



ダイヤ「広島県神楽競演大会」を更新する予定だったのですがダイヤ

緊急事態につき、急遽持越しとさせてもらいます。

m(__)m


ダイヤさて、その火急の事態とは!ダイヤ

昨夜、湯来町・団栗亭にて開催された「笛の会」で発覚いたしました。

私は早くに到着したので、受付を仕切る下河内神楽団の青木 静さんのお手伝いをしておりまして。

開演時間も近づき、広島・石見の皆さんが入り混じって到着される中。

鮮やかなブルーのセーターを着た、谷住郷神楽社中の大畑慶介さんが到着早々に、私にひとこと。

『裕子さんに会ったら、絶対言わんといけんことがあると思って来た。』と。

その神妙な顔つきにハッとしました。

も、もしや。

借金の申し込み・・・

Σ( ̄□ ̄!)


しかしもちろん、そんなしょーもない話ではありません!

1月14日に、このブログで紹介した、芸石競演の大間違いがあったのです。

塵輪で準優勝された谷住郷(たにじゅうごう)神楽社中を【谷郷住たにごうじゅう神楽社中】と紹介。

『びっくりしたけぇ!わしら~幕やら全部、替えんといけんのかなと思うたけぇねぇ。』と。

たにごうじゅう社中って、そんな・・・

どこそれ?




上昨年の芸石の舞台から、谷住郷神楽社中:塵輪。


昨日の笛の会ではその後も『たにごうじゅう社中の大畑です。』と自己紹介され。

おまけに周りから『たにごうじゅうの大畑くん』と呼ばれ続け。

笛の会の途中には、若い方が『大畑慶介さんの社中は、たにじゅうごう?たにごうじゅう?本当の本当はどっちでしたっけ?』と、真面目にこっそり聞いてこられる始末汗

混乱を招いて大変申し訳ないっ。


昨日は、大畑さんが和やかな笑いに替えてくださったので、皆さんにゲラゲラと笑ってもらって済んだのですが。

本来は、社中や神楽団名は本当にかけがえのない大切なものですよね。

その地域の発展の願いを込めて、誕生時や節目に与えられたもの。

命と同じようなものだと思います。

本当にごめんなさい。


大畑さんは『もう!すぐに直しておいてよっ。でもあれはそのままにしておいてにひひ』と言われていましたが。

明日には、もとのものを書き換えますよー。

遠方で見て頂いている方もいらっしゃいますからね。

いやはや、大変に失礼を致しました。

お詫びと訂正をさせて頂きます。




上同じく芸石の舞台から、谷住郷神楽社中の大太鼓:大畑慶介さん。


ダイヤ話変わってダイヤ

以前、大畑さんからとても興味深い話を聞かせてもらい。

いつかブログで書かせてもらおうと、機会をうかがっておりました。

タイトルは『大畑慶介さんとイノシシ』で、大畑さんの憂悶果敢な武勇伝です。

来年イノシシ年だしね~。

私もイノシシ年だしね~。

もう少しヒアリングしてから、後日掲載させて頂きます音符


続いて昨夜の笛の会をご紹介します。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237478秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289698