素敵ないちにち。


上石見神楽のブース、忙しそうでした。
西村社中・堪場翔太さん、ナイススマイル!



ダイヤお天気に恵まれて、最高の島根日和でしたダイヤ

島根ふるさとフェア、見て食べて満喫しました。

そばとかジャムとか生どらやきとお茶とか、もう手がちぎれるってほど買い物して。

まだまだお目当てがありましたが、歩くのが困難なほど混雑していましたので時間切れとなりました。

一日だと時間が足りませんダッシュ

明日も開催されますので、遊びに行かれては如何でしょうか。

男子駅伝もありますしねっ。グー



上グリーンアリーナ内は、なかなか進めない~



上浜田水産高校の生徒さんが売り子さんをしていたブースで買ったキムチ、ピリ辛であっさり美味しかったですよ!
邑南チーズ工房のバジルソースもおススメ。まとめ買いしておけば良かったです。




上ほうきの形をしたチキン、1本でお腹いっぱいの大満足。お肉のブーズは、行列が目立ちました。



上八重垣神社の鏡の池占いもできます。
ここでしたためたハートの絵馬は、後日奉納してくださるそうです。



ダイヤふるさとステージ前ではダイヤ

いつもの神楽ファンの皆さんとお逢いしましたよ音符

3団体3演目拝見して、今夜はトップバッターをご紹介します。


~木田(きた)神楽社中 鐘馗~

結成は明治の初期で、八上系六調子神楽を継承。

旭インターの近くに拠点を置き、現在12名で活動をされています。

得意演目は大蛇と鐘馗で、今日は急遽、塵輪から鐘馗へと変更になりました。

昔ながらの「人舞う神楽」の素朴さを残す鐘馗、何とも懐かしくご覧になった方が沢山いらっしゃったでしょう!


上演後の控室では、鐘馗を舞われたばかりの湯浅準二代表が、鐘馗への想いを快くお話してくださいました。

この鐘馗で大切にされているのはやはり、重厚感。

特に鬼は、床に、衣装のグランジ(ビラビラしたところ)が奇麗に広がるような低い舞を心掛けていらっしゃいます。

又、鐘馗・鬼共に、衣装は今から40年ほど前、細川衣装店で当時最高傑作と言われるほどの豪華な衣装で、現在も社中員の皆さんの宝です。


さて、鬼を舞われたのは、Iターンでおよそ20年前に引っ越してこられた前田さん。

なんと、アトランタオリンピックの体操選手でいらっしゃったそうですぎょ

副代表の三宅さんから鬼を師事し、今ではかけがえのない社中員さんとして木田の神楽の大切な継承者です。
























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.238764秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297760